c-58 : 地産地消の拡大

予想される社会的な影響

・生産と消費の統合的管理の推進
・地方創生の拡大
・フードテック関連のスタートアップ増加

背景・理由・事例

・地産地消は、地域で生産された農林水産物を地域で消費しようとする取組。

・Instagram投稿の調査から、地元で生産したものを地元で消費して応援する「地産地消」に加えて、地元で消費する為に地元で生産する「地消地産」も行われていること、魚・肉や野菜・果物など食材に加えて、大福やビールなどの加工品も応援消費されていることがわかった。郷土料理だけではなく、伝統野菜など、その地域ならではのものも地産地消として重視されている投稿も確認され、作りやすさだけではない地域にとっての重要性も見直される可能性がある。

・農林水産省は、地産地消促進のために交付金を支給したり、地産地消への優れた取り組みを行う団体・企業・個人に対して表彰を行うなどの活動を行っている。

・2020年にクックパッド、町田市、JA町田市は連携協定を締結し、生産者から直接、送料無料で買い物ができる生鮮食品EC「クックパッドマート」を活用することで地産地消への取り組みを強化した。市内の消費者がサービスを利用しやすい環境を整備することにより、市内生産者の農産物を出荷当日に市内消費者に届けることが可能になり地産地消の推進を行っている。(出典:クックパッド プレスリリース

・農林水産物だけではなくエネルギー分野でも地産地消の概念は注目されている。

関連コンセプト