b-01 : プロテインクライシス/昆虫食・培養肉の拡大

予想される社会的な影響

・砂漠化と作付け面積の減少により、穀物が不足する
・気候や気象が不安定化し、安定した食料調達が困難になる
・従来の食物の不足により、昆虫やフェイクミートを栄養源として摂取する、新しい食のライフスタイルが受け入れられる
・ロボットによる食物生産がさらに進む

背景・理由・事例

・世界的な人口の増加と食生活の欧米化による食肉消費量の増加で、タンパク質の需要量が供給量を上回る「プロテインクライシス(タンパク質危機)」が起きると予想されている。現状の農業・畜産業による供給では、2030年までに需給バランスが崩れ始めるという予測もある

・世界の人口は2050年に90億人に達する。この人口増加に対応するためには、2000年と比較して食料生産を1.55倍に増やす必要がある。食肉の消費量は世界全体で30%増加すると予想されている。

・2050年までに、食糧不足や自然災害による避難民が、世界で10億人以上にのぼると考えられている

出典:特定非営利活動法人 ハンガー・フリー・ワールド

・インドと中国は、その人口ボリュームから、世界の食料需給に大きな影響を与える存在となる

・国際連合食糧農業機関(FAO)は、人口増加をきっかけに「2050年の農業生産(食糧・飼料・バイオ燃料)の生産量を、2012年の基準よりも50%以上増加させる必要がある」と発表している

出典:FAO 「食糧と農業の未来 - トレンドと課題(The future of food and agriculture – Trends and challenges)」の概要

・異常気象による作物の不作や砂漠化、南極の海水が上昇することによる作付け面積の減少など、気候変動も要因の一つとしては重要なファクターである

・石油の代替として、バイオ燃料やバイオプラスチックの生産技術が確立しつつある。アメリカでは収穫されたトウモロコシの3割がバイオ燃料に転換されているが、食料危機の遠因になっているとの意見もある

・アジア・アフリカの食料輸入は拡大。北米、欧州、オセアニアは輸出量が拡大し、中南米は輸出に転じると考えられている

出典:ハーバード大学研究員に「フェイクミート」は本当にカラダにいいのか聞いてみた/DIME

•イスラエルの食品技術企業Future Meat Technologiesが世界初の培養肉生産施設を開設した。施設では一日に500kgの培養肉を生産することが可能である。

出典:Gigazine

・フードテックにより、植物性たんぱく質から食肉を再現したり、パスタ単品で必要な栄養素を摂取するなどの食生活が実現する

出典: 世界で注目を集める「昆虫食」は、日本の食シーンに革新をもたらすか /FOODS CHANNEL

・FAOの推奨する昆虫食は、代替食として栄養価に優れ、家畜飼育よりもかかるコストや温室効果ガス排出量が少ないとされる

・ロボットを導入したハイテク施設で、食用コオロギの養殖効率が上がっている。通常の3/1の時間で、50%大きく育てることが可能になったという

関連コンセプト