a-09 : フードプリンター・調理ロボット

予想される社会的な影響

・コンシューマー向け家電として普及し、家事負担を軽減する

・レシピ、食材と連関した統合的なサービスとしての供給・利用が拡大する

・従来型の高度なサービスや環境を伴った外食、簡便・廉価で比較的高品質な外食、個人宅内での加工と連携した中食といった、食のカテゴリー分化が進む

・外食産業の需要が低下し、料理そのものよりもサービスや雰囲気を求める客が増加

・有力シェフや料理研究家などのフードデザイナーの地位が向上しブランド化されたサービスが増加する

背景・理由・事例

・海外では小麦粉やソースをペースト化し、3D プリンターで作成したピザを提供するレストランが登場

kyoto design lab「フード3Dプリンタ」

・宇宙飛行士が宇宙空間でも新鮮なものを食べるため、NASAが研究を進めている

・料理を手軽に量産でき、介護施設や病院で個人の患者の好み、病状、その日の体調、必要な栄養素に合わせた料理の提供が可能となる。複数の料理を作る際の材料の無駄が低減され、コスト負担を抑えることができる

・調理ロボットは人間の手順を真似て調理を行うため、作業負担が
軽減される。また、プロの調理師を真似ることで、自宅でお店の
料理が食べられるようになる

出典:Foovoより
Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

・健康管理、食のアドバイス機能と統合することで、栄養バランスの 調整を行うことができるだろう

・3Dフードプリンターとエンタメ要素を付加したサービスが提供されている

・3Dプリンターでつくられた寿司を提供する「超未来すし屋」がオープン予定となっている。
予約完了時に利用者に専用のヘルスキットが届き、唾液で健康状態を把握。個人に最適な寿司を生成する仕組みとなっている

SUSHI SINGULARITY TOKYO
出典: SF映画のような「超未来寿司屋」
SUSHI SINGULARITY TOKYO

関連コンセプト