c-12 : センシング社会

予想される社会的な影響

・ウェラブル、設置型などの多種のセンサーが偏在し通信網を接続し、センサー社会への偏在化が加速する

・画像や音声といったデータから、意味のある情報を抽出する解析技術が高度化し、センサーとして利用できるデバイスが急拡大する

・個人や属性の識別、取得データの統合的な管理と解析・運用が進み、リスク軽減、省力化、個別・全体最適の促進が行われる

・データを基盤とした多様なサービスが発案・整備される

・データ利用に関わるプライバシーの概念の再定義が必要となり、全社会的に議論される

背景・理由・事例

・センシング技術はAIやIoT、日本政府が推奨するスマート社会「Society5.0」実現の基盤技術であり、様々な業界や領域の課題解決をする上で、今後ますます欠かせないものとなる

・特に、自動運転や自立輸送では実用化が進展すると、より高度なセンシング技術に対する需要が高まった。自動運転で活用されるミリ波レーダーやLiDARは、開発競争が現在も繰り広げられており、日々技術進歩とコストの低廉化が進んでいる

出典:空間情報クラブ
LiDARとは|光センサー技術の仕組み・特徴・活用例を解説

・センサーは年々小型化、低価格化が進み、コモディティ化が進む。
センサーを活用した様々な技術、システム、サービスが生まれているが、ニーズも多様化している。センサーの進化・普及は次世代通信規格5Gの本格導入により、ますます進展する

・ロボット技術への活用は、工業領域だけでなく、家庭用ロボットなど活躍の場が広がっていくことが考えられ、センシング技術はコンシューマー領域においても重要度が高まる

・超高齢化社会を控え、医療費の低減も求められている。
ヘルスケア・ウェルネス領域では、ストレス度数を脈拍の乱れや発汗、体温などのバイタルデータから判断し、定量化してメンタルヘルスを保つなど、これまで人間では不可能だった領域での活躍も見込まれる。
ヘルスケア・ウェルネス領域では、ウェアラブルデバイスの普及が考えられる

出典:PR TIMES
センシング技術の活用で毎日の睡眠状態を管理

・新型コロナウイルス対策で求められる非接触機能では、センシング技術が不可欠であり、注目を集めている

・センシング技術による測位、精度の向上により、農業や海洋、エネルギー、気象領域などでも活用が進むことが考えられる

・センシング技術のコモディティ化が進展を続けると、脳の生体情報を読み取るブレインマシーンインターフェイス(BMI)の実用化も進むと考えられる

・Googleは、スマートカメラである「Google Nest Cam」を提供している。このカメラは、人、動物、車を判別することができ、必要な通知だけがくるように設定をすることができる。

出典:Google Store

関連コンセプト