a-42 : xRの発展 VR・AR・MR

予想される社会的な影響

・xRを活用したコンテンツの急増。デジタル領域の重要性拡大。
一方、デジタル依存者の増加、メンタルリスクの増大

・xRを活用し、労働の生産性が向上する

・利用できる環境の有無を起因としたデジタルデバイドが深刻化し、情報格差が広がる

・リアルとヴァーチャルが高度に融合化した表現が発達し、人間の体験の質や幅が大幅に拡張する

背景・理由・事例

・xR(Extended Reality)とは、仮想現実(Virtual Reality/VR)や拡張現実(Augmented Reality/AR)、複合現実(Mixed Reality/MR)などを総称したもの

・xRはゲームを中心に広がりを見せていたが、近年では旅行、小売など様々な領域で活用が進む

・最近では、労働生産性の向上や従業員のジョブトレーニングへの活用が期待されている。ARメガネを活用して、工場作業員にARメガネを通して作業指示を出すなど、軽作業系の補助を行う役割として活用されている

【docomo 5G】遠隔作業支援ソリューション「AceReal® for docomo」

・九州旅客鉄道とNTTドコモは、AR技術を用いて列車の窓の風景に観光情報を投影する実証実験を2019年に実施した。
将来的には、乗客のスマートフォンやタブレット端末と連携し、列車降車時から目的地までの観光ガイドや多言語対応を目指すという

出典:株式会社NTTドコモ プレスリリース

・ARやVRに関連した特許出願数は急増しており、2014年から2016年の 間に約5倍増加している

・xRの普及の一方で、個人情報の取扱やサイバーセキュリティ、フェイク体験(間違った情報に基づく体験)など、様々なリスクが考えられ、同時に対策していくことも求められるだろう

・Googleは、2021年5月先進的なオンラインコミュニケーションシステム「Project Starline」を発表した。3Dモデルのリアルタイム伝送と裸眼立体視を可能にする技術により、まるで目の前に相手が実在するかのようなオンラインコミュニケーションが実現できる。

出典:Publickey

関連コンセプト