d-25 : あらゆるもののゲーム化(ゲーミフィケーション)

予想される社会的な影響

・ゲーム化を通じたコミュニケーションが活発化し、コミュニティが形成される

・善意を頼りとしていた社会課題が、積極的に解決される可能性がある

・世間が「ゲーム化されたもの」であふれ、事業者は差別化が課題となる

・データ処理に基づく脳科学の進化により、効果検証とサービス再設計・進化が効果的に行われるようになる

背景・理由・事例

・ゲーミフィケーションとは、ゲームが持つプレイヤーを活性化させるノウハウを、ゲーム以外の領域にも応用し、ゲームの持つ楽しさや達成感等といった価値を付加すること。どのようにすれば飽きずに楽しませ続けることができるか、を追究する

・概念自体は新しくないものの、Webサービスのソーシャル化の流れの中で「ソーシャルゲーム領域」が大成功を収めたことで注目度が高まっている

・ゲーミフィケーションの要素には「明確な目標」「課題とその報酬」
「可視化できる現状(数値化、グラフ化)」「ユーザー間の交流」があるとされる

・モチベーションアップ・維持のために、企業や学校でも導入が進む

・社会課題への応用も進んでいる。シカゴでは河川を清掃するため、ゴミ収集ロボットを遠隔操作するオンラインゲームが活用された
世界中からインターネット経由で、河川の美化に参加することができる

Urban Rivers New Trashbot!

関連コンセプト