c-51 : リアルタイムな商取引情報の可視化(市場価値・トレーサビリティ)

予想される社会的な影響

・ステークホルダー、時間、金額、場所、等々の取引の内容がデータ化されることで、取引行為の社会的・経済的な意味が変容する

・リアルタイムなショッピングのデータを収集・分析し、在庫管理やマーケティングなどでデータが活用される

・ブロックチェーン等の新技術を利用した、生産・物的組成・流通・販売データの管理サービスが増加する

背景・理由・事例

・需給バランス、希少性等の評価に基づき、需要予測、フレキシブルな生産・調達、ダイナミックプライシング、決済手段の動的選択、金銭を介さない価値交換といった、取引行為の拡大と変化が起きている

・ECプラットフォームのShopifyは、ストアを訪れる人の数・流入ルート・チェックアウトまでのファネルなどを、リアルタイムで分析できるライブビュー機能を提供している

出典:ECのミカタ

・三重県伊勢市の老舗料理店「ゑびや大食堂」を経営するゑびやでは、AIを活用した、精度90%以上の来客予測システムを開発・導入し、売上向上だけでなくフードロス削減効果もあったことで注目を集めている

出典:日経XTEC

関連コンセプト