a-27 : 工場の自動化(FA)業務の自動化(RPA)

予想される社会的な影響

・製品の安定的な生産が可能となり、品質が均一化

・人件費削減により、さらなる商品の低価格化が実現

・低スキル労働者の雇用機会の減少

・労働人口のカウントが人+ロボットで行われる様になる

・新興国などの低廉な人件費が不要となり、生産拠点の国内回帰が進む

・定型業務で賄えない創造的・非定形的なスキル・能力がより求められる

・パンデミック下でも安定操業を実現できるため、生産現場のRPA化が急拡大する

・汎用RPAの高度化により人的対応が中心だった流通・小売・飲食等の現場でも従事者数が減少する

背景・理由・事例

・工場の自動化はFactory Automation(FA)と呼ばれ、多くの工場で進められている

・自動化には、人件費の削減、製品品質の安定、作業効率の向上等のメリットがある

・FA普及の背景として、 第四次産業革命によるデータとITを活用した製造業の革新が考えられる。
自動化には、ロボットによる無人化だけでなく、工場内装置やロボットのインターネット化も重要であり、スマートファクトリーとも表現される

・これまで、加工・組立・検査などの工程において、部分的な自動化が推進されてきているが、完全な自動化を達成した事例は少ない

・完全自動化達成の例として、AppleのサプライヤーであるFoxconnが挙げられる。Foxconnは、従業員を完全にロボットに置き換える計画を進めており、現在いくつかの工場で達成

出典:iPhone Mania より
iPhone製造最大手のFoxconn、すでに工場の完全自動化を達成していた!

・食品、医薬品、化粧品といった分野でも自動化の動きが盛んである

・事務作業の自動化を担う(RPA:Robotic Process Automation)も注目を集めている

・パンデミック下でも安定的な操業を続けるため、各社ロボットの導入を急いでいる現状がある。
現状ではロボットと作業者の協働を目指したものが大半であるが、コロナの影響を受け、複数のロボットが連携した、操業の大部分の自動化への意識が高まっているという

出典: 日刊工業オンラインより産業ロボ、コロナ後に備え工場の自動化ニーズ照準

関連コンセプト