c-25 : 教育手段の進化と義務教育の変質

予想される社会的な影響

・急激な社会変化と学びの生涯化の流れの中で、学齢期間の学びの意味と役割の見直しが進んでいる

・学びが知識習得だけではなく、学び方や他者との関わり方や表現手法といったより幅広い経験とスキルを身につける場として変化している

・学ぶべきこと、学びの進捗・習得度といった基準が検討・試行される中で、新たな社会的標準づくりへ向けての活動が続いている

・教育に求める要件が多様化する中、学校から提供されるカリキュラムや仕組みの限界が露呈し、教育の責任と選択権が個人へと回帰している

背景・理由・事例

・近年「EdTech」に注目が集まっている

・EdTechとは、”Education“と”Technology“から作られた造語で、教育現場に技術を導入することで、より効果的な学習を実現するためのビジネス全般を指す

・EdTechの先進国はアメリカであり、多種多様なサービスが展開される。EdTechスタートアップの資金調達も増加しており、市場は拡大している

・日本の学校と家庭のICT環境整備は、海外に比べて遅れていると言われてきた。新型コロナウイルスの流行を機に環境整備が進むと考えられている

・教育現場ではオンライン授業のほか、対面での一斉授業の代わりに動画・映像で生徒が予習をし、授業時間はプレゼンやディスカッションを行う「反転学習」や、学習者の理解度に合わせて学習内容やレベルを調節する「アダプティブラーニング」などが導入されている

出典:東京工科大学
学外の動画を教材にした反転授業の試みに、手ごたえを感じています!

・学校に通わせずに教育を行う「ホームスクーリング(自宅学習)」は、 eラーニングの普及により、実施しやすい環境が整ってきている
(しかしながら現在、日本では義務教育を学校以外で行うことは、法的に認められていない)

・不登校の児童生徒が増加し、通学を基本とする既存の教育のオルタナティブとして期待が高まる

・学校でICT活用が進むと、教育現場で学習履歴や行動履歴のデータを収集できるようになる。
収集されたデータは、可視化・分析され、学習の質の改善などに活用されるほか、個人に紐づいたデータを記録し、活用する取組も加速すると考えられる

・教育分野でも、専門機関に認定された事業者がパーソナルデータを管理し、信託を受けて運用する「情報銀行」のような仕組みが採用される可能性がある。
将来的には、小中学校から社会人教育までの教育データを蓄積し、個人がデータを管理するデータベースも実現すると予測される

・日本で始まっている教育パーソナルデータの活用事例としては、学習や活動の電子記録「eポートフォリオ」が挙げられる

出典:日本経済新聞
「eポートフォリオ」高校で導入増 生徒が活動を記入

関連コンセプト