b-02 : 水資源の希少化

予想される社会的な影響

・森林の減少、温暖化により水資源は確実に減少し、資源の極端化が進行する
・水資源の奪い合いによる紛争、戦争が勃発する
・水道インフラへの新しいテクノロジーの利用が増加する
・水の分離・精製技術が大きな産業領域となる

背景・理由・事例

・毎年世界では、300万人が水不足によって命を落としている

・人口爆発と同時に、水の使用量も増加。東アフリカ、北アフリカ、中央アジア、南アジアの一部で、深刻な水不足の発生が予測されている

・地下水による給水を行う地域では、地下水の枯渇も懸念される

・地球温暖化を要因とした気候変動により、干ばつが発生している。干ばつの規模は年々悪化しており、改善の兆しがなく、事態は深刻である

・森林の減少により水源が減少している。日本においても水不足が発生するものの、台風の到来により水不足が解消されているのが現状である

・2050年までに中東、中央アジアでは、水不足を要因としてGDPを10%押し下げると予測されている

出典:アラル海―20世紀最大の環境破壊 /朝日新聞デジタル

・カザフスタンとウズベキスタンにまたがるアラル海では、綿花栽培のため農業用水を多く使ってしまったことで、アラル海が干上がる事態が起こった。20世紀最大の環境破壊と言われる

・一部の国では老朽化した水道管により、2/3以上の水が途中で漏水し、ロスが出ている。また供給システムの不備や、政治的の問題などから水が得られない「経済的水不足」も存在している

・海水を真水に変換する技術はあるものの、コストが高く、発展途上国においては現実的な解決手法であると言えない

・Hydraloopは、家庭に設置できる冷蔵庫サイズの廃水リサイクル装置を提供している。水とエネルギーの節約にもつながり、給水が不安定な場所での使用も可能である。

Hydraloop products and reviews

関連コンセプト