a-14 : マイクロファクトリー

予想される社会的な影響

・デザイン・設計と製造が分離されることで、メーカー的な立ち位置へ参入するプレイヤーが増える

・製造機器が標準化されることで、専用開発・製造と比較してコストダウンが進む分野が増える

・製造機器の素材・組成が標準化されることで、廃棄・リサイクルが容易となる

・製品としての機能・安全性の検証・保証を行うセクターが必用となる

・使用者の状況や要望に合わせた製品のパーソナライゼーションが進む

背景・理由・事例

・マイクロファクトリーとは、小型の工業製品を製造する小型の製造システムである。従来の生産方式よりもリソースを節約することができる

・アメリカの自動車製造会社ローカルモーターズは、3Dプリント技術をベースとした自動車製造により、金型費を50%、全工程の生産時間を最大90%削減することに成功しているという

出典i-MAKERより
ローカルモーターズは世界初の道路対応3Dプリント自動車LM3Dを発表




・シドニーのニューサウスウェールズ大学で廃棄されたスマートフォンやラップトップ などの電子廃棄物から、再利用のための貴重な材料に変換できる世界初のマイクロファクトリーが設立された。
このマイクロファクトリーは、環境に害を及ぼし、埋め立てられる大量の電子廃棄物が、急速に増大する問題を軽減することが期待されている

・英国の電気自動車スタートアップであるArrivalは、マイクロファクトリーをビジネスモデルの中心としている。
Arrivalが他の電気自動車会社と一線を画すのが、製造をマイクロファクトリーで行っているため、ディーゼル車やガソリン車に匹敵する価格で電気自動車を販売することが可能であることだ

出典:TechCrunch Japanより
英国のEVメーカーArrivalが米国で2つ目のマイクロファクトリーを建設、UPS向けEVバンを製造

・自動車やリサイクル業界だけでなく、今後衣服、家電製品など様々な業界で導入が拡大していくことが予測される

・将来的には、個人の自宅にマイクロファクトリーが設置され、自宅で小型製品を製 造することができるようになる可能性がある

関連コンセプト