事例紹介:物流業界


中期計画策定のための新規事業シナリオ作成

 FPRCが持つ知見を活用し、物流事業者の複数の事業シナリオを短期間(約1ヶ月)で作成しました。

 本プロジェクトでは、人材活用や作業効率化、データ利活用など、2020年時代に物流業界で重要となる技術・サービスについて洗い出しました。洗い出された複数の要素の中でも特に重要なものについて、事業シナリオとして技術・サービス開発の方向性を提示し、中期計画策定に重要となるインプット材料を導出しました。

支援企業

某物流事業者

背景

 中期経営計画の策定にあたり、VR/ARやロボティクスなどの新しい技術を活用し、効率的かつ高品質なサービス、システムの開発について検討したいと考えている。しかし、優先して何に取り組めばよいかわからないため、まずは今後どのような社会に変化するのか、自社どのような方向性を進んでいくべきかを整理したい。

目的

 2020~2025年で重要となる技術トレンド、自社事業領域における顧客ニーズの多様化を整理し、求められるサービスや必要となる技術要素を洗い出し、中期経営計画策定でのインプット材料を導出する。

主な実施内容

ドキュメント共有
 ご依頼企業様の現状(内部検討の状況、開発状況、グループ経営方針など)について情報共有のためのミーティングを実施。

 

FPRC独自コンテンツの提供
 FPRCが独自にまとめた未来のサプライチェーンとそれに関連する技術についての資料を共有。内容について「こちら」で一部公開しています。

 

事業シナリオの作成
 人材獲得・管理、ロボット活用、データの利活用など、様々な視点を含んだ事業シナリオを作成。ここでは、事業の方針だけでなく、必要となる技術とその技術を獲得するための方針や、推進する上での課題や、想定着手点、定性的効果などについて記述します。
 これまでの事業領域にこだわらず、産業横断的に事業を捉え、新しい視点で6つの事業シナリオを創発しました。(例:金融×物流、物流×ロボット×PFなど)

 

ディスカッション(定例)・報告会
 事業シナリオの内容の議論のため、毎週定例(3回)を実施。また、プロジェクト全体を総括した最終成果報告会を開催。

実施期間

約1ヶ月

人員

◾FPRC主席研究員 0.5人日

◾FPRC上席研究員 5人日

◾FPRC研究員   7人日

参考価格

150万円

◾プロジェクトフロー

◾アウトプット例(事業シナリオ)

※プロトタイプ版です。実際には、検討技術、想定着手点、課題などをまとめた、詳細な事業シナリオをアウトプットしています。

その他の事例

 ◾2030年以降に向けて研究・開発の重要領域・要素の検討(通信業界)

 →詳しくはこちら

FPRCの詳細はこちら

FPRCについて

未来事業戦略の検討プロセスについて

中長期事業戦略創出プロセス

各サービスの詳細についてはこちら

FPRCの個性豊かな研究員について

関連記事

まずはお気軽にご相談ください

  • D4DRの事例や成果から、コンサルティング・リサーチに関するご質問まで、どんなことでもお気軽にご相談ください。