顧客・購買・行動データ分析サービス


顧客・行動・購買データ分析により、売上の構造がわかる。優良顧客を発見できる。行動促進のトリガーが特定できる。データに基づいた意思決定ができる。

顧客データを分析し、顧客のライフタイムバリュー(LTV)を最大化する!

貴社内に蓄積されている多種多様な顧客データを有効活用できていますか?

ビジネスを成功させるためには、収益の源泉である「顧客を知る」ことが最も重要です。
あらゆる物事がデジタライズされたことで、顧客の意識や行動の足跡をデータという形で知る事ができるようになっています。
様々な顧客データを多面的に分析し、新規顧客の獲得・リテンション促進・エンゲージメント強化・休眠/解約防止のあらゆる側面で、データに基づいた意思決定を行い、DX時代のマーケティングを成功に導く支援をいたします。

顧客データを分析し、アクションの示唆を発見!顧客のライフタイムバリューを最大化する!!

このような課題をお持ちではありませんか?

  • 新規顧客を効率よく獲得したい
  • リピート客を増やしたい
  • 休眠・解約を防止したい
  • 客単価を高めたい
  • アップセル/クロスセルを促したい
  • 優良顧客像を見える化したい

顧客データ分析サービス

  • 貴社の業種業態、マーケティングの課題、保有している多様なデータに合わせて、最適なデータ分析アプローチを提案し、課題解決をサポートします。
  • 顧客の購入履歴(購買データ)やWEB/アプリのアクセスログ、施策へのレスポンス履歴等の属性・行動データベースをもとに、経験豊富なデータアナリストが顧客の行動パターンを解析・分析します。
新規顧客の獲得
リピート促進
休眠/解約防止
客単価アップ
クロス/アップセル
顧客プロファイル

顧客データ分析 サービスメニュー一覧

○ 売上構造分析 ○ 購買パターン分析
○ 顧客セグメント分析 ○ 顧客インサイト/要因分析
○ 流入プロセス分析 ○ 商品・店舗分析
○ 顧客プロファイリング分析 ○ 売上・客数・顧客行動の予測
○ 休眠/解約分析 ○ カスタマージャーニー分析

売上/顧客構造分析

マーケティング活動の成果と課題を見える化し、注力ポイントを明らかにする!

顧客データを分析し、売上の構造を、「構成要素」「顧客層」・「時系列変化」の3つの視点で、現状の成果と課題を発見していきます。すべての分析は構造分析がスタートラインとなり、注力ポイントを明らかにした上で、分析を深化させ、具体的なアクションへのヒントを導き出していきます。

売上構造分析

売上金額を基本公式に基づいて要素分解を行い、売上増減の要因を明らかにする!

売上を構成要素、経年変化、性別や年代などの顧客層の切り口でその構造を把握し、売上を増加させるために「どの顧客層の、どのような行動を促せばよいか」という形で、マーケティング施策の優先すべき目標を明確にしていきます。

‐KPI分析
‐顧客属性分析

/50万円〜

顧客セグメント分析

自社の顧客はどのような状態にあるのか、どのような顧客に支えられているのかを明らかにする!

CRMデータを分析していると、せっかく顧客を獲得したにも関わらず、リピート購入(利用)せずに休眠・解約してしまう、購入金額の高い顧客層がすぐにランクダウンしてしまうという事が頻繁に見受けられます。
セグメント分析では、まず顧客の状態を「新規顧客の獲得」・「既存顧客の継続/定着」・「離反」という3つの状態に分解し、流入・流出状況を把握します。加えて、「既存顧客」は、顧客ステージ(ランク)のアップ/ダウン状況を分析し、顧客のライフタイムバリュー(LTV)を高めるためのアクションの方針を導き出していきます。

‐流入・流出分析
‐デジル分析
‐RFM分析、CPM分析

/30万円〜

○この様な方にお勧めです
 -現状の成果と課題を明らかにしたい、
 -売上の構造を知りたい
 -マーケティング施策の注力ポイントを知りたい/優先順位をつけたい
 -顧客の状態・課題を知りたい
 -ターゲット顧客を特定したい

流入プロセス分析

新規顧客を獲得するためのアプローチを発見する!

新しい顧客を獲得するためにはどのチャネルを使い、何を訴求していけばよいのでしょうか。効果的な集客を行うために、メディアの基本的な集客力に加えて、自社の顧客のどの層が伸長しているか、どのチャネルから流入し、何がフックとなって成約したか、あるいは何がボトルネックとなっているかを把握することが大切です。
顧客データを分析し、「顧客層」・「チャネル」・「商品・サービス」の3つの切り口で新規顧客獲得のためのヒントを導き出します。

‐顧客ポテンシャル分析
‐集客チャネル分析
‐初回購入商品・サービス分析

/30万円〜

○この様な方にお勧めです
 -集客ターゲット層の優先順位を決めたい
 -集客実績に貢献しているチャネルを知りたい
 -顧客層ごとにフックとなる商材を知りたい

顧客プロファイリング分析

自社にとっての優良顧客を発見し、顧客像を見える化する!

収益の基盤を強固にするためには、自社にとっての優良顧客との関係を強め、ライフタイムバリュー(LTV)を高めていく事が大切です。では「優良顧客」とはどのような顧客でしょうか?もちろん収益貢献度が高い顧客であることは言うまでもありませんが、単純に一括りにしてはいけません。一人一人で価値感や行動が異なり、それぞれに適したアプローチ方法を選択する必要があります。
顧客プロファイリング分析では、「行動パターン」に注目し、顧客のセグメンテーションを行い、嗜好性・買い物の仕方をプロファイリングしていくことで、アプローチ方法の礎となる顧客像を明らかにします。

‐クラスター分析
‐N1行動パターン分析

/80万円〜


▽関連サービス
アンケート調査
Instagram分析

○この様な方にお勧めです
 -自社の顧客像(ペルソナ)を明らかにしたい
 -顧客をセグメントしたい
 -顧客の行動パターンを把握したい

休眠/解約分析

顧客の休眠/解約を防止し、顧客ライフタイムバリューを高めるヒントを導き出す!

獲得した顧客をきちんと維持できていますか?効果的な手を打たなければ、せっかく獲得した顧客はリピートしてくれず、休眠・解約に至るという状況に陥ってしまいます。
休眠/解約してしまう「顧客属性」「タイミング」「予兆行動」を把握し、顧客がリピート/継続してくれるためには、「誰に」、「いつ」、「何を」すればよいのかを導き出していきます。

‐休眠/解約顧客分析
‐休眠/解約予兆モデリング
‐WinBack(復活)顧客分析

/50万円〜

○この様な方にお勧めです
 -休眠/解約防止のヒントが欲しい
 -休眠/解約しそうな顧客を特定したい
 -WinBack(復活)させるためのヒントがほしい

購買パターン分析

顧客のリピート/アップセル/クロスセルを促し、客単価を高めるルールを発見する!

売上金額の主要な構成要素の一つである「客単価」はどのように高めていけば良いのか。価値観や嗜好性は顧客一人一人で異なるため、すべての顧客に一律のコミュニケーションを行っても、限定的な効果しか得ることができません。
顧客の購買パターンを分析し、コミュニケーションの「タイミング」、関心が高そうな「商品・サービス」を発見していきます。

‐購入タイミング分析
‐購入サイクル分析
‐アソシエーション分析

/50万円〜

顧客インサイト/要因分析

顧客は何がきっかけで行動しているのか?行動した結果としてどの様に評価しているのか?

登録・来店・購入などの行動促進、あるいはライフタイムバリューや推奨意向を高めるためのエンゲージメント強化を行うためには、顧客の意識を探ることが大切です。
購買データなどの行動実績に加えて、アンケート調査、口コミ分析など多面的なデータを用いて「立体的」に顧客を探求し、インサイトや要因を発見します。

‐因果関係分析(相関・回帰)
‐プロモーション効果分析
アンケート調査
SNS口コミ分析

商品・店舗分析

ABC分析だけで商品・店舗の売上貢献度の判断していませんか?

小売店舗やショッピングセンター(テナント方式)では、商品・店舗がどれだけ売上に貢献しているかを判断する手法としてABC分析を使用します。しかし、売上はBランク以下でも、自社にとって大切な顧客がよく利用している商品・店舗は”顧客の繋ぎ止め”という観点では重要な店舗です。
“売上金額”だけではなく、“顧客”に注目し、顧客の行動促進への貢献度で商品・店舗を分析し、MDへの新しいヒントを提供いたします。

‐”顧客軸”ポートフォリオ分析

売上・客数・顧客行動の予測

来月の売上や客数はどのように変化するのか?購買につながりやすい顧客は誰か?顧客はプロモーションに反応してくれるか?

限られた予算下で効果的なマーケティング活動を行うためには、様々な形で将来予測を立てる必要があります。
従来の経験値や基礎集計に基づく予想から一歩先に進み、顧客のビヘイビア(行動)データ、気象や商圏などのパブリックデータ、プロモーション活動履歴などの多面的なデータを用いて、顧客行動の予測モデルを構築し、KPIの予測や確率の高いターゲット顧客の抽出を行います。

‐統計解析モデル
‐機械学習モデル

カスタマージャーニー分析

行動プロセス上のトリガーとボトルネックを明らかにし、最適なカスタマージャーニーを設計する!

購買データに加えて、WEBサイト訪問などの「行動プロセス」、ブランド認知や選択理由などの「顧客の意識」を把握し、ブランド認知から購買、継続利用に至るまでのカスタマージャーニーを最適化するための要素を明らかにします。

サービス提供形態

分析のテーマやリソース(人材、ツールなど)、アウトプットサイクルなどのご要望に応じて、柔軟な体制で取り組みいたします。

プロジェクト型

事前に協議したテーマに従って、弊社内で分析業務を行い、結果・考察レポートを作成した上で、ご報告いたします。

○この様な方にお勧めです
・データを棚卸して現状の成果や課題を明らかにしたい
・顧客戦略や施策方針の策定など方向性を明確化したい
・データ分析でどの様な結果が得られるかを知りたい

伴走型

随時、御社と意見交換をしながらテーマを設定し、隔週や月次などの一定期間ごとに分析結果を報告します。非定型分析、定型レポートのいずれにも対応できます。

○この様な方にお勧めです
・施策に合わせて事前分析や効果検証を行いたい
・分析結果からフォーカスポイントを定めて、次の分析テーマを決めたい
・社内で必要な情報が流動的で、柔軟な対応が必要

取り組み企業(例)

データ分析事例。企業一例

関連記事

関連サービス

まずはお気軽にご相談ください

  • D4DRの事例や成果から、コンサルティング・リサーチに関するご質問まで、どんなことでもお気軽にご相談ください。

記事タグ