c-62 : メタバース利用の広がり

インターネット上に作られた3次元のデジタル仮想空間

予想される社会的な影響

・コロナ禍で対面コミュニケーション減少する中で、メタバースはより一層の注目を集めている

・メタバース上でのコミュニケーションは今後増加し、物の売買などの活動も広がることで、生活の一部・大部分をメタバース上で送る人の増加が予想される

背景・理由・事例

・メタバースは「meta」と「universe」を組み合わせた単語で、インターネット上に構築された仮想空間を指す。メタバース上ではすでにエンタメ、ワークスペース、イベント、街のデジタルツインなど様々な分野のサービスが提供されている。今後はXRの活用が進むことでさらにメタバース上での体験が拡張されることが予想される。

・2021年10月にFacebookが社名をメタバースに由来する「メタ(Meta)」に変更したことが注目を集めた。

出典:メタバースとは? 特徴や注目のサービスについても分かりやすく解説

•大手企業によるメタバース上でのビジネス展開に向けた取組も行われている。ナイキは、オンライン仮想空間で使用するためのロゴとスローガンの商標登録を行った。メタバース等でのブランド展開の準備と見られる。また、ナイキは2019年に靴をNFTとリンクする特許も取得している。(出典:FRONT OFFICE SPORTS Nike Trademark Hints at Metaverse Sneakers)

出典:バーチャルイベントを支える「メタバース」とは?

・生活の一部・大部分をメタバース上で送る人の増加が予想される。

関連コンセプト