a-29 : 高度翻訳技術

予想される社会的な影響

・小説など、前後の文脈を読み解く必要のある翻訳は時間を要するが、論文や公文書等の翻訳は早い段階で完全に実現される可能性がある

・音声翻訳については、音声以外の、表情やボディランゲージから統合的に判断するデバイスが求められる

・IoBなどが普及することで、表情や情緒的な情報などのコンテキストを翻訳システムが類推できる様になる、それにより曖昧な表現の文書の翻訳精度が向上することが期待される

背景・理由・事例

・AI技術進展により、機械翻訳の精度が向上し、いずれ人間による翻訳行為は不要になるとの意見もある。
ディープラーニングにより、ニュートラル機械翻訳の精度は向上してきている。将来的に翻訳スピードがさらに向上すると、翻訳機械を介したタイムラグのない会話が可能になると予測される

・外国語を話せるスタッフが不足する観光地において、ロボットや小型端末による音声翻訳、即時通訳のニーズが増加している

・近畿日本ツーリストは、観光客向けにホテルや旅館のフロントに音声翻訳アプリ「ToTeMo」を内蔵させたロボットを設置し、宿泊や食事、観光、買い物等のシーンを想定した接客・会話を任せている

出典:ロボスタより
観光地の通訳はロボットや専用端末にお任せ!近ツリとフュートレックが音声翻訳アプリ「ToTeMo」と「ili for Guest」の導入を促進

・ウェアラブル音声翻訳デバイス「illi」は、インターネットの接続を必要としないモバイル機器で、利用者が観光で外出する際にも携帯することを可能にしている

Exploring Tokyo Using ili

・拡大画像カメラで撮影をすることで、文字を認識して翻訳してくれるアプリも登場

・ディープラーニングによる機械翻訳は、文章の前後の文脈を捉えて判断することが難しい。そういった細かい修正を行うのは、人間の仕事になるだろうという予測もある

関連コンセプト