b-05 : 新興国経済成長によるパワーバランスの変化

予想される社会的な影響

・産業革命で力を付けた列強が社会の高齢化などを主要因にその影響力を低下させる
・新興国も従来の成長モデルが通用せず、新たな国際問題を生む可能性がある
・貿易等の国家間の相互の影響が大きく、国家の独立性を超えた国際協調・調整の必要性が増す

背景・理由・事例

・新興国とは、今後成長が見込まれる国を指す。アジア、アフリカ、南米が今後経済力をつけていくと予測されている

・2030年にGDPで中国が米国を抜き1位に、インドが日本を抜き3位になると予測されている。
2050年には中国、インド、米国、インドネシア、ブラジル、メキシコの順で日本は7位と予測されている(様々な予想が存在するため、一例)

・新興国は、その人口ボリュームとボーナスから圧倒的な購買力を持ち、市場で大きな力を持つ

・長年にわたり市場をリードしてきた先進国は、高齢化社会と労働力の縮小により、成長速度が鈍化。
EUにおいては世界のGDPに占める割合の、10%まで落ち込むと予測される

・中国、インドでは富の配分が進まないため、貧富の差が深刻になると予測される

・中国をはじめ多くの国家で社会の高齢化が急激に進み、その国力の維持が難しくなりそれにより多くの国内外の問題を生み出す

・パンデミックによる国家間のパワーバランスの変化、国際協調が急激に進展する可能性がある

関連コンセプト