a-17 : 脳内ホルモンコントロール技術

予想される社会的な影響

・BMIデバイス等により脳のモニタリングとアクティブな制御が行われることで、情緒や感情がコントロールしやすくなり、幸福感をマネジメントする製品・サービス・施設の市場が形成される

・脳刺激による精神状態のコントロールについて、倫理的な是非についての社会的な議論と規範づくりが行われる

・ペット向け脳刺激や幸福感管理サービスが普及する

背景・理由・事例

・BMI(Brain Machine Interface)などを活用した脳刺激や、CBD(カンナビジオール)などの成分摂取によって精神状態に働きかける技術が進展している

・医療分野では、パーキンソン病などの疾患に対し、脳内の深部に挿入した電極で刺激を与える脳深部刺激法と呼ばれる治療が実施されている

出典:倉敷ニューロモデュレーションセンター

・脳への電気刺激は、幸福度や認知能力の向上といった効果も実現できることが明らかになっている。BMIが安価になれば、脳への刺激で手軽に精神状態をコントロールできるようになる可能性がある

・CBDは大麻草やマリファナと呼ばれる植物の総称「カンナビス」の有効成分カンナビノイドの一種で、少量をサプリメントや食事に混ぜて摂取することで、不安な気分をやわらげたり、痛みを緩和したりする作用を持つ

出典:PROJECT CBDより

・CBDには精神を高揚させる作用や幻覚を見せる作用がなく、中毒性もないとされている

・米国では「2018年農業法案」の可決により、産業用ヘンプの規制が撤廃されたため、レストランではCBD入りの食事を提供、個人店でも手軽に入手できるようになった。しかし、米国ニューヨーク市ではCBDを飲料や食品に混ぜて提供することが禁止された

・長期的な摂取による副作用や、他の薬剤との併用リスクなど、 CBDについては依然未解明の領域もある。年齢による制限や、販売店・販売者の資格等が必要であると考えられている

関連コンセプト