【第5回FPRCフォーラム】Z世代の先を読む15の未来市場と生活者トレンド|無料ウェビナー

イベント報告

生活者のトレンドを
2040年の市場予測からバックキャスティングで考える

第四次産業革命やVUCA時代とも呼ばれる現在は、未来を構成する要素が登場したと思えばあっという間に顕在化する変化の大きな時代に突入しています。中間層の縮小など生活者のトレンド変化の兆しも見られる中、今後の生活者視点のマーケティングや経営戦略の立案のために押さえておくべきポイントとは何でしょうか。

本イベントではゲストにnoteプロデューサー/ブロガーの徳力基彦氏、日経クロストレンド発行人の杉本昭彦を迎え、あるべき未来の姿から逆算して現在を考える「バックキャスティング」アプローチで、Z世代の次に注目すべき①これからの生活者トレンドと、②2040年に向けて日本企業が注目すべき市場をテーマに議論します。

講演では、『消費トレンド2040市場予測』(著:FPRC、編:日経クロストレンド、日経クロステック)から2030~2040年に向けて登場する15の新・消費市場の予測を紹介します。本イベントは本書の発刊を記念して開催します。

こんな方におすすめ

  • マーケティング、商品開発、新規事業開発、中長期経営計画策定などに携わる方
  • 未来の生活者のトレンドに関心のある方 など

登壇者

徳力 基彦

note株式会社 noteプロデューサー/ブロガー

NTTやIT系コンサルティングファーム等を経て、アジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。代表取締役社長や取締役CMOを歴任。
現在はnoteプロデューサーとして、ビジネスパーソンや企業におけるnoteやSNS活用のサポートを行っている。
個人でも、日経MJやYahooニュース!個人のコラム連載等、幅広い活動を行っており、著書に「普通の人のためのSNSの教科書」、「アルファブロガー」等がある。

杉本 昭彦

日経クロストレンド 発行人

1991年立教大学社会学部卒業後、日経BP社に入社。調査部門などを経て、雑誌「日経ネットナビ」、日本経済新聞社東京編集局産業部などでインターネット業界の取材を長年続ける。2007年の「日経ネットマーケティング」(11年より日経デジタルマーケティングに誌名変更)創刊時より副編集長、13年4月より編集長。14年1月より「日経ビッグデータ」(2014年3月創刊)編集長。18年4月より日経クロストレンド開発長 兼 日経クロストレンド副編集長、19年4月より現職。日本ディープラーニング協会G検定(ジェネラリスト検定)合格

藤元 健太郎

FPRC主席研究員 D4DR株式会社代表取締役

野村総合研究所を経てコンサルティング会社D4DR代表。広くITによるイノベーション、新規事業開発、マーケティング戦略、未来社会の調査研究などの分野でコンサルティングを展開。J-Startupに選ばれたPLANTIOを始め様々なスタートアップベンチャーの経営にも参画。関東学院大学非常勤講師。日経MJでコラム「奔流eビジネス」を連載中。近著は「ニューノーマル時代のビジネス革命」(日経BP)

坂野 泰士

FPRC上席研究員 有限会社シンプル研究所 代表

1980年代から行政、製造業、流通業、ITなどの多様な業種の事業/商品・サービスのマーケティング・事業計画・開発・実装を経験してきた。2005年開催の愛知万博では日本政府出展事業(日本館)のITサービス/ウェブパビリオンの事業プロデューサーとして万博専用端末や多様な新サービスの企画・開発を行った。多様な業種の業務分析から事業・経営戦略の経験と広範な技術評価に基づく俯瞰的視点からの評価・戦略立案を得意とする。

開催概要(アーカイブ動画あり)

  • 日時 2022年6月1日(水) 16:30~18:30 ※入室は16:20から
  • 会場   Zoomウェビナー (URLは開始直前(おおむね1時間前)にお送りします)
  • 参加費   無料
  • 主催   D4DR株式会社

※お申し込み頂いた方全員に後日アーカイブ動画URLをお送りします。

プログラム

※当日までに変更する可能性があります。

  • 16:30 はじめに
  • 16:30 講演「2040年の市場予測」
  • 17:30 パネルディスカッション「押さえておくべき未来の生活者のトレンド」「日本企業が注目すべき未来の市場」
  • 18:30 終了予定

まずはお気軽にご相談ください

  • D4DRの事例や成果から、コンサルティング・リサーチに関するご質問まで、どんなことでもお気軽にご相談ください。