b-22 : メンタルリスクの増大

予想される社会的な影響

・精神疾患患者がさらに増加し、企業の重大な雇用問題へと進展する可能性がある

・精神疾患の未病対策が注目され、企業の投資が加速する

・AIを使った精神疾患の解析システムが高度化し、高い確率で精神疾患の可能性を予測できるようになる

・バイタルセンサーや行動履歴からメンタルリスクが数値化され、管理される様になる

背景・理由・事例

・不安障害、うつ病、統合失調症など、精神疾患による患者は増加傾向にある。年間400万人を超える患者が医療機関を受診している。直近3年間で70万人も増加している

出典:ホウカンジョブ

・特に若年層の精神疾患患者の伸びが著しい
近年は、若手に対しても求められる仕事の質が高くなり、業務量も増加している。生産性の向上が求められている中、教育に時間をかける余裕が無くなっている
即戦力が求められる中、負担を感じる若者が多いのではと分析されている

・新型コロナによる経済悪化、閉塞感が増し、精神疾患患者は急激に増えることが予想される

・企業ではストレスチェックが義務化し、2020年にはメンタルヘルス市場が約220億になるとの予測がある(シード・プランニング:2016年)。

出典:シード・プランニング

・AI言語解析システムを使って対象となる人物の会話を分析し、統合失調症や偏執症、妄想症など、精神疾患を発症する潜在的リスクを割り出す技術が注目されている
正常な文脈から逸れる話題や言葉が目立つ、使用される言葉の複雑さが同年代の人々に比べて落ちるなど、精神疾患の兆候である無秩序な思考や特徴を発見し、それらを手掛かりに発症の可能性を予測する

関連コンセプト