a-30 : 量子コンピューター

予想される社会的な影響

・自動運転技術の急速な発展

・新薬・新素材開発の加速

・社会全体の最適化が進む(最適化問題の解決)

・量子化暗号の実用化のタイミングに対し、量子解読技術が先行すると従来型の暗号化技術が一挙に陳腐化し、社会問題化

背景・理由・事例

・量子コンピューターとは、量子力学特有の物理現象を用いたコンピューターのこと

出典:ZDNet Japanより
IBMが量子コンピューターの優位を”現実的”な実験で証明

・量子コンピューターによって、計算速度は飛躍的に高まる

・従来のコンピュータと比較的互換性がある「量子ゲート方式」と呼ばれる「汎用型」と、一部の計算に特化して、より高速で大きな問題(組合せ最適化問題)に対処できる「量子アニーリング型」の二種類が存在

・大手IT企業では、量子コンピューターを低価格で契約しやすくし、ユーザーに広く提供する予定である。すでにマイクロソフトやAWSは、3種類の量子コンピュータを提供している

Introduction to Amazon Braket, the AWS Quantum Computing Service

・現在の量子コンピュータはエラーが多いため、量子コンピューターと従来のコンピューターのハイブリット計算を使用することが主流(量子コンピューターで短い計算を行い、従来のコンピューターで補正をかけ、エラーを直しながら計算する)

・2025年頃には量子コンピューターの性能が、スーパーコンピュータを超える時代になり、様々な計算が可能になる

・2050年頃になると、汎用マシン化の時代が到来すると予測される

出典:FinTech Journalより 

・日本では、福岡のベンチャー企業が、ゴミ収集作業の最適ルートの計算に、量子コンピューターを活用している事例がある

出典:グルーヴノーツHPより

関連コンセプト