a-20 : 抗老化・高寿命化技術

予想される社会的な影響

・富裕層を中心に、アンチエイジング技術による抗老化・長寿命化に対する関心が高まり、市場が拡大する

・健康寿命が伸び、社会制度の変革が求められる

・年齢を基準にした、固定概念・価値観が衰退する

背景・理由・事例

・平均寿命は延伸を続けており、2045年には平均寿命が100歳に到達するとの予測もある

・複数の学者が、老化を科学技術で克服できると主張している。
英国の生物学者オーブリー・デ・グレイ氏は、老化は病気であるため治療が可能であり、細胞レベルで老化を修復することで、人間の寿命1000年が夢ではなくなると述べている。
未来学者のレイ・カーツワイル氏は、技術開発の連続で事実上の不老不死が達成できるという「寿命脱出速度(LEV)」の考え方を提唱している

•米国では近年、アンチエイジングを追究するスタートアップが急増している。アンチエイジング分野に商機を見出す投資家が多いという

•カリフォルニア州のスタートアップ、バイオエイジ社は、世界中の患者の血液や遺伝子のサンプルデータをAIで解析し、老化を引き起こす体内物質に作用する薬の開発を進めている

•人体の冷凍保存を研究するアリゾナ州のアルコー(ALCOR)延命財団は、犬を体温4℃の仮死状態から、蘇生させる実験に成功。自らの身体の冷凍保存を希望した人に対し、死亡宣告を受けた直後に体温を下げて保存する死後措置を行い、財団の施設で保存している

出典: GQJapanより
「永遠の命が欲しいのなら──不老不死の科学のフロンティア 」
出典: GQJapanより
「永遠の命が欲しいのなら──不老不死の科学のフロンティア 」

関連コンセプト