a-11 : 感情の可視化技術

予想される社会的な影響

・バイタルデータを取得するデバイスの普及と、表情、瞳孔、脈拍、血圧、呼吸、等のバイタルデータから、感情を推測する技術が確立する

・個別な感情の状態に合わせた、サービス、商品、コンテンツが供給することが可能になり、利用の満足度が向上される

・マシン側から人の感情が推測できるため、ペットロボットや自動車、住宅
集約されたビッグデータから、社会や属性毎の感情トレンドが把握される。
センシングされ・集約された感情のビックデータを分析することで、社会の感情トレンドが把握され、より多くの人間の心を掴むコンテンツを作成できるようになる

・AIが人の感情を把握することが可能となり、ロボットと人のコミュニケーションが円滑になる

・各人の感情が把握されることで、人間関係を調整最適化するサービスや機器が生まれる

背景・理由・事例

・人のバイタルデータを収集し、分析することで人の感情を可視化するソリューションが存在する(NECの感情分析ソリューション)

・NECの感情分析ソリューションでは、心拍数データからから「興奮・喜び」 「ストレス・イライラ」「憂鬱・精神疲労」「穏やか・リラックス」という4領域における感情の可視化するという

出典:business leaders square wisdomより
ウェアラブルで感情を可視化?働き方改革に求められる「感情マネジメント」

・感情を可視化し、コミュニケーションに活かすことで、企業における働き方改革に活かすことが可能である。また、活用領域を顧客にまで広げることで、マーケティングに活かすことが可能である

・特にファッションなど、本音を把握しづらい場面での活用が期待される

・声の調子・文脈からその人の感情を可視化するサービスも登場しており、 メンタルヘルスケアや保険業界などですでに導入されている

出典:ニュースイッチより
声から感情を可視化する、海外ビジコン席巻するベンチャーの正体

・また、画像解析技術を活用し、表情から感情を読み取ることも可能になっている

出典:ITmedia NEWS より
顔から感情をリアルタイムで読み取り分類 深層学習技術で

・新疆ウイグル自治区で、感情の状態を明らかにすることを目的にAIと顔認証システムを使用したカメラシステムのテストが行われた。監視が強まることなどから、不安視する声も少なくない。

関連コンセプト