成功するデジタルトランスフォーメーションとは~加速するDXに必要な視点~

2020年12月11日、D4DR主催のオンラインイベントを開催した。
今回のイベントでは、ゲストに江端浩人事務所代表/次世代マーケティングプラットフォーム研究会主催の江端氏を迎え、「成功するデジタルトランスフォーメーションとは~加速するDXに必要な視点~」 をテーマに、単なるデジタル化ではない、デジタルトランスフォーメーション(以下DX)とは何かということについて江端氏とD4DR代表藤元が議論した。

ディスカッションのダイジェスト動画はこちら

「マーケティング視点DXの4P/4C」( 江端氏プレゼン )

まずは藤元より、イベントに先立って事前に実施した会社毎のDXの取り組み状況のアンケートの結果が発表された。
80を超える数の企業にお答えいただいた本アンケートでは、「会社全体で取り組んでいる」という回答が37社、「一部で取り組んでいる」という回答が23社と、実に7割以上の企業がDXに積極的であることが明らかとなった。

あらゆる領域で進展を見せているDXであるが、昨今のコロナ禍によってその必要性は格段にかつ急激に高まってきている。そうした背景も踏まえ、まずは江端氏に著作『マーケティング視点のDX』(日経BP,2020/10) の内容にもまつわる「マーケティングの視点DXの4P/4C」というプレゼンを実施していただいた。

同氏によると、マズローの欲求五段階説的にマーケティングの在り方も時代を経るにつれて変化しつつあるという。カタログ中心のマーケティングが主流だった大量生産・大量消費の時代から、ブランドマーケティング、社会承認CSRマーケティングの時代を経て、現在は自己実現マーケティングの時代に差し掛かっている。それに対応して製品・サービスの提供の手段や、顧客との繋がり方がデジタル化してきた。その上で製品やサービスの価値をどのように創造していくかを考えることが重要であり、それに関する提言を『マーケティング視点のDX』にまとめている、と言う。
DX2.0(マーケティング視点のDX)における4Pモデルは
①「Problem」
②「Prediction」
③「Process」
④「People」 の4つであり、

上記の4Pに基づく4Cモデルは、
①「将来的な提供価値」(Customer value/Benefit)
②「顧客のコスト、手間の削減」(Cutting Cost Time & Distance」
③「手軽で簡単」(Casual & Easy)
④「ファンの育成」(Community)
である、という。

「こうしたモデルを実践に移していくにしても、DXは単なるデジタル化=アナログのデジタルへの置き換えということで完結しない。それだけでは解決しない問題も多く、改めて課題は何なのか?デジタルをどう活用するか?アナログのままにしておくべきところはどこか?といったことを念頭に置きながら、マーケターが潜在的なニーズや顧客のインサイト、時代のインサイトを掴んでいくことが必要である。短期的な解を出すにとどまらず、技術の進化なども踏まえて考える必要があり、想像力が非常に重要になってくる。」(江端氏)

D4DR藤元と江端氏による対談

江端氏著『マーケティング視点のDX』 について

D4DR藤元:

この本は、情シスやITではなくマーケティング視点なのがいい。江端さんが仰る通り、かえってアナログである方が新鮮だったり、それをSNSに取り込んで「映え」させるという形の需要がある。そうしたユーザーの気持ちをくみ取れるのはマーケティングの視点だと思います。ただ何でもデジタルにすればいいわけじゃなく、顧客視点が重要。しかし、日本企業は部分最適が得意過ぎて顧客視点を持てないでいるように思いますがいかがでしょう。

江端氏:

例えば、光景をただ記録するだけならデジタルカメラさえあればいいわけで、どうしてチェキのようなアナログなものに需要があるのかといえば、コミュニケーションのツールになっているからだと思うんです。「ちゃんと撮れてるかな」とワクワクしながら現像を待つ時間にベネフィットがある。デジカメやスマホのカメラではそれは提供できません。その記録を共有しようと思えば、デジタルの出番にということになります。

D4DR藤元:

そう、むしろアナログに回帰すべき部分もある。それを把握するには・・・

無料メルマガに登録すると続きをご覧いただけます。
以下のフォームからご登録お願いいたします。










個人情報の取り扱いについての同意書

上記内容でよろしければチェックを入れてください。

同意する

フォームを送信すると続きが表示されます

まずはお気軽にご相談ください

  • D4DRの事例や成果から、コンサルティング・リサーチに関するご質問まで、どんなことでもお気軽にご相談ください。

記事タグ