c-57 : リペアエコノミー(修理経済)の発展

予想される社会的な影響

・既存企業が修理サービスを始めたり、リペアエコノミー関連のスタートアップが登場する
・リペアエコノミーの拡大に向けて規制や法整備が進む

背景・理由・事例

・「壊れたら捨てる」という従来の消費経済を見直す動きが高まっており、壊れたら修理するという「リペアエコノミー」が注目されている。
・マイクロファクトリーなどを活用し、すでにあるモノをカスタマイズすることも、広義のリペアエコノミーに含むと定義する
・2018年に日本でリペアエコノミーの普及を目的として一般社団法人「リペアエコノミー協会」が設立された。主な活動として「修理ガイドの整備・公開」、「修理部品・工具類の提供」等を行っている。(出典:一般社団法人リペアエコノミー協会 公式サイト
・フランスでは、2021年1月からテレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンなどの製品に「修理可能性指数」を示すことが義務化されている。背景には、EUで2021年3月から「修理する権利」の規則が定められたことがある。(出典:Apple、 Independent Repair Provider プログラムを全世界に拡大(Apple)

・•Appleは個人が製品を分解し、純正の部品を用いて修理できるようにする「Self Service Repair」プログラムを2022年からアメリカで開始した。(出典:Impress Watchアップルが力を入れる“個人修理”と日本の現状。海外で広がる「修理する権利」

出典:オランダ発のリペアカフェに学ぶサーキュラーエコノミーの要、「修理」文化促進のヒント(CIRCULAR ECONOMY HUB)

・•生活者がモノの修理のための技術をシェアする地域コミュニティ「リペアカフェ」は、2009年にオランダアムステルダムで誕生後、世界で2000以上開催されている。リペアカフェは地域の有志が自発的に始める仕組みで、現在は世界各地で活動している人々の知識をデータベース化して共有する取組も行われている。(出典:オランダ発のリペアカフェに学ぶサーキュラーエコノミーの要、「修理」文化促進のヒント(CIRCULAR ECONOMY HUB)

 

 

未来コンセプトペディアを活用して、アイデア創出ができる!
詳しくはこちらをご覧ください ⇩

 

 

 

関連コンセプト