c-50 : より柔軟な不動産の活用

予想される社会的な影響

・リモートワークの増加が非都心立地の不動産価値を高めている

・低価格な不動産を基盤に、多様な利用形態・サービスが試行される

・慣行的な賃貸契約よりも、簡便に賃借・利用が可能が賃貸・空間利用の形態が増加する

・都心のオフィスの減少と同時に、郊外のサテライトオフィスが増加する

・飲食などの店舗は、より賃料の安い郊外出店でも集客が可能になる

・リノベーションを中心とした低価格な不動産の設えを整えるサービス需要が増加する

背景・理由・事例

・近年の生活者のライフスタイルの多様化に伴い、リモートワークを導入する企業や、飲食のデリバリーサービスが受容されるようになっていた

・2020年、新型コロナウイルスの流行により外出自粛が推奨されると、都心にオフィスや店舗を集中させる意義や、出社のために都心または郊外に住居を構える意義が、根幹から揺らぐこととなった

・デリバリーやテイクアウトに特化した飲食店「ゴーストレストラン」は、必要なスペースは厨房のみである。初期コストも安く済むことから参入障壁が低く、シェア型キッチン、 クラウドキッチンなど、用途に応じた場所の提供が増えている。新たなビジネスとして注目されている

出典:日本経済新聞

・遊休資産としてのスペースを活用する「スペースマーケット」のようなシェアリングサービスも登場している

出典:SPACEMARKET

関連コンセプト