c-41 : 金融サービスの多様化・柔軟性向上

予想される社会的な影響

・多様な取引データや関連データが集約管理され、個人や企業の信用度を推計するスコアリングシステムが一般化する

・与信制度が高まることで、リスクや特性別の柔軟な金融商品・サービスの条件設定が可能になる

・データからの学習により金融商品の考案が容易となり、商品・サービスの多様化が進展する

背景・理由・事例

•個人・企業の幅広いデータを分析して算出する信用スコアの活用が進むことで、より柔軟性の高い金融サービスが実現する。信用スコアを活用したサービスは、従来の与信では金融サービスの利用のハードルが高かった個人や企業も、サービスを受けやすくなるメリットがある

出典:PR TIMES

•クレジットカード社会のアメリカでは、クレジットカードの信用度評価にAIが多く導入されている。アメリカで代表的な信用度評価基準として長年使われてきたものに「FICOスコア」と呼ばれるものがある。主に個人のクレジットカードやローンの審査に使われてきた基準で、個人の信用度を点数化したもの。FICOスコアを提供するFICO社はその分析ソフトウェア企業としての立場を活かし、現在AIによるアルゴリズムの強化に取り組んでいる。

出典:アメリカ生活大辞典

•また、残価設定型ローンは自動車業界で多く利用されている柔軟性の高いソリューションの例の一つである。契約時の情報の非対称性といった課題は残っているものの、ローン満期時の選択肢が増えた点はメリットと言える

•不動産分野では、今後不動産の価値評価技術の向上などにより中古住宅市場が活性化すると考えられ、それに伴って残価設定型ローンなどの導入が進む可能性がある

出典:suumo ジャーナル

関連コンセプト