<プレスリリース>2/12【話題の音声SNSアプリClubhouseを緊急調査 急速な広がりの背景とRoomトピック3大トレンド 「ビジネス」「社会課題」「スキルアップ」 】


ディー・フォー・ディー・アール株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤元健太郎、以下D4DR)は、自社サービスの1つである「ソリューションリサーチ(課題解決にむけた調査)」のノウハウを生かし、現在急速に注目度が上がっている音声SNSアプリ「Clubhouse」の調査を行い、その結果を発表しました。

【調査結果掲載ページ】
「世界最速の分析レポート!音声SNSアプリ「Clubhouse」の急速な広がりとルーム内容を緊急調査」
https://www.d4dr.jp/topics/sns/clubhouse-report/

【調査結果のポイント】
1)音声SNSアプリ「Clubhouse」の話題量が急増したのは1月下旬。Twitterで明確なBuzzの発生を確認。
2)1月31日には、Twitter上に1万件超えの「ルームへのリンクを含む投稿」を確認。その中には著名人の投稿をリツイート(以下RT)したものも多く含まれ、認知拡大に影響している。
3)ルーム企画の3大トレンドは「ビジネス」「社会課題」「スキルアップ」。次いで「生活」「エンターテインメント」「雑談」も散見される。

プレスリリース全文はこちら

The following two tabs change content below.
D4DR PR Staff
D4DRの広報PR担当です。webやソーシャルメディアを通じて、ITビジネス、デジタルマーケティング、各種データ分析、CRM、ソーシャルメディア分析などの消費者インサイト発見に関する情報を発信しています。