藤元の鼎談記事が公開されました。OPEN HUB【業務効率化の先に見えるものとは。 日本企業が迎える、AI経営×共創の新時代】

代表 藤元健太郎が『カタリスト』に就任している、NTTコミュニケーションズの共創プラットフォーム「OPEN HUB」で、藤元が参加した鼎談の記事が公開されました。

業務効率化の先に見えるものとは。日本企業が迎える、AI経営×共創の新時代

今回の鼎談は、Generative AI Japan Lab所長の馬渕邦美氏と、NTTコミュニケーションズで生成AIプロジェクトをリードしている岩瀬義昌とともに実施されました。

AI関連技術の多くが米国のビッグテック企業に先行されている中、日本国内の多くの企業にとっては、経営戦略・事業戦略としてAIをどのように活用するべきかを検討することが喫緊の課題となっています。

本記事の鼎談では、業務効率化のネクストステップとして目指すべきAI活用法、日本の産業における課題と可能性、そして日本企業がこれから勝機を見いだすべきAI事業戦略など、AI時代に求められる経営セオリーをディスカッションしました。

OPEN HUBのカタリストとは
課題の探究から社会実装までをリードする、さまざまな分野の専門家。NTTコミュニケーションズ社内外からさまざまなメンバーが名を連ねている。