b-10 : パンデミックの深刻化

予想される社会的な影響

・日本の亜熱帯化により、蚊を媒介とする感染症リスクが拡大
・移民やインバウンドの受け入れによる感染症のリスクが拡大
・個人それぞれに高い感染防止対策の知識、未病・治療の知識が求められるようになる
・パンデミックの早期収束のため、感染拡大に関するシミュレーション、および感染者の特定に関するトレーサビリティ技術が重要となる
・パンデミックが生み出す、精神的な影響の世界的伝播が大きな問題となる

背景・理由・事例

・グローバリゼーションが進む現代においては、地域的な感染症であっても、、瞬く間に世界各地に感染が拡大し、パンデミックにつながる

・パンデミックによる影響は、経済に対する悪影響だけでなく、発展途上国において食糧問題や教育の問題等に及ぶ

出典: 新型コロナウイルスが社会・経済に与える影響と働き方の今後 (アデコ)

・いまだに、有効な薬物、ワクチンが存在しない感染症が多く存在している。エボラ出血熱、ラッサ熱、SARS、ジカウイルス等、致死率の高い感染症も見られる

・アジアではSARSやMARSの流行がたびたび発生し、多くの死者を出している

・必要のない薬を飲むこと、指定された日数の前にやめてしまうことで、抗生物質による耐性菌・ウイルスが発生し、問題になっている

・地球温暖化により、熱帯にあたる地域が増加。マラリアなど、蚊を媒介する感染症が増加する恐れがある(蚊は最も人間の命を奪っている生き物)

出典:The deadliest animal in the world (GatesNotes)

・日本では移民受け入れやインバウンドの誘致により、感染症やウイルスの持ち込みが増加。大流行に陥るリスクと常に隣り合わせにある

・都市封鎖や緊急事態宣言下における、経済活動のあり方が今後問われていく

・世界的パンデミック下では、都市封鎖や経済活動自粛によりエネルギー需要が減少し、原油価格、鉄価格などの資源価格が暴落し、国際金融に大きな影響を与えている

・パンデミックを防ぐためには、感染ルートの把握、個人レベルでの予防意識の向上が求められる。
日本では、台風や噴火、地震など、その他の災害と重なった場合を想定した対応策が求められる

・開発途上国の貧困層には、政府による社会的保護措置やワクチンへのアクセスが行き届かない現状がある

関連コンセプト