a-22 : バイオプリンティング・移植用臓器・人口培養肉

予想される社会的な影響

・臓器の培養が可能となり、人から人への臓器移植が不要になる。臓器移植による拒否反応リスクが低下する

・再生医療が一般的になり、平均寿命、健康寿命が大幅に延伸する

・ヒトのタンパク源摂取に占める、培養肉の割合が高くなり、重要性が高まる

背景・理由・事例

・バイオプリンティングは、細胞を材料とする3Dプリンティング技術。
再生医療や培養肉生産での活用に向け、研究・開発が進んでいる。世界の3Dバイオプリンティングの市場規模は、2019年の ​5億8,613万米ドル から、2025年までに ​19億4,994万ドル に達すると予想されている

株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリースより

・医療分野では、損傷部への人工皮膚の貼付や、移植用臓器の作製に用いられている。チップ上に人間のミニ臓器を作る技術では、患者個々人に合わせた治療アプローチ開発を可能にする。
また、動物実験に代替する方法としても注目される

出典:Newsweekより
3Dプリンターで「移植可能な臓器」ができる日は近い:最新研究

・2018年には、 3Dプリンターを利用した人工皮膚を、直接患部に貼り付ける治験をトロント大学とサニーブルック・ヘルス・サイエンス・センターの共同研究チームが実施した。
2019年には、アメリカのライス大学とワシントン大学の共同研究チームが、複雑な血管網を持つ人工肺の作製に成功した

出典:Share Lab NEWSより
「生きた皮膚」を3D印刷-3Dプリンターで叶えるアンチエイジング


Bioengineers clear major hurdle on path to 3D printing replacement organs

・日本において、臓器の機能不全により移植を待つ人は約13,000人であるが、移植を受けられる人は年間300人ほど。バイオプリンティング技術を活用した臓器移植の拡大による解決が期待される

・カーネギーメロン大学の研究チームは、500ドルで作れる3Dバイオプリンターを開発。バイオプリンターの低価格化を目指した研究が行われている

出典:Gigazineより
わずか5万円で導入可能な3Dバイオプリンターが登場

・バイオプリンターによる培養肉生産は、食肉生産のための 屠殺の必要がなく、 食肉用の家畜飼育に比べ資源の消費量を大幅に抑えることができるといったメリットがあり、地球環境問題の解決につながるとされる

・2021年、イスラエルのフードテックスタートアップAleph Farmsとイスラエル工科大学は、世界初の3Dバイオプリンティング技術を用いた培養リブアイステーキ肉の生産に成功した

出典:NEXT MEATSより
イスラエルのアレフ・ファームズ(ALEPH FARMS)が世界初となる培養肉のリブアイステーキを開発

関連コンセプト