a-03 : 新しい長距離移動手段

予想される社会的な影響

・長距離移動の利便性が向上

・エアモビリティの進展

・運送事業や離着陸場所、電波の調節などの制度が整備される

・人の流れや物流の仕組みが変わる

背景・理由・事例

・ドローンタクシーは、ドローンを大型化し人の乗車を可能にすることで実現。コントローラーを使い、遠隔操作で飛行させる

・二人乗り小型自動車とドローンを合体させて、陸と空両方を移動できるものもある

・渋滞の解消が解消される効果が期待できる

・CES 2020にて、Uberが空飛ぶタクシー「Uber Elevate」を韓国自動車メーカーのヒュンダイと共同開発することを発表した

Uber AIR: The Future of Airborne Travel | Uber Elevate | Uber

新コンセプトモデルである「SA-1」は最大時速290km、最長で100kmの飛行が可能である。 2030年までに、ダラス、LA、メルボルンの3都市にターミナルを完成させる計画である

・日本政府が「空飛ぶクルマ」ロードマップを策定するなど、実現に向けた動きが本格化 している

出典:経済産業省 空飛ぶクルマの実現に向けたロードマップより
さあ、空を走ろう。- Let's drive in the sky. -

・ハイパーループは、真空のチューブの中を最高時速965キロで移動できるもので、磁気浮上などの技術が使われている。 2020年には、LAで初めて有人による試験実証が行われた。
ハイパーループは都市間移動を目指しており、将来的に25~30人が搭乗し、1時間あたり数万人を輸送する計画。

未来の交通システムになるか「ヴァージン・ハイパーループ」10年以内の実用化目指す

・開発を進めているワシントンDCヴァージン・ハイパーループは、このシステムが2025~26年に承認を受け、10年以内にプロジェクトを実現するとの見通しを示唆。 物流においてのコストは、トラック輸送並みに低く抑えられる としている。

出典:BUSINESS INSIDERより
ヴァージン・ハイパーループ、高速輸送システムの有人試験走行を実施

・より近距離、低速度、低費用なモデルとしてループ(LOOP)もテスラとボーリングカンパニーで展開している。すでにカリフォルニアでのR&Dトンネル、ラスベガスでのVEGAS LOOPで試行運用を開始し、自動運転のEVを走行させている。今後はより長距離の路線が開設され、都市間輸送を担うことを構想している。

出典:The BORING COMPANYのWEBサイトより

※LOOP内では、オートパイロットにより時速200キロ以上で走行できる

関連コンセプト