【インタビュー】アイランド株式会社 粟飯原理咲氏 「ユーザー目線」が重視される今、企業に求められる最適なアプローチとは?

アイランド代表粟飯原氏と、D4DR代表藤元の対談が行われました。
アイランドは料理インフルエンサーサービスを展開する企業。「レシピブログ」は
最大級のお料理ブログサイトで、料理ブロガーが1万6千人参加しています。
「クッキングラム」はInstagramでお料理をアップしている人向けのコミュニティで、2つのサービスを合わせて約5億のリーチがあり、料理にアプローチしたい人を強く意識したサービスとなっています。

画像: 【インタビュー】アイランド株式会社 粟飯原理咲氏
「ユーザー目線」が重視される今、企業に求められる最適なアプローチとは?

ユーザーと企業がインスパイアし合う、新しい時代へ

藤元:アイランドでは、料理好きな人が、気づくとスターになっているという点がユニークだと感じています。

粟飯原:アイランドはそこを大切にしています。好きなことをしている人を全力で全肯定して、素敵に発信できるお手伝いをしたいと思っています。アイランドの展開するコミュニティが大好きで、プロモーションに関しても、自ら手を上げて興味を持っている人に参加してもらっています。
ユーザー視点に立つことも大事にしていて、ハッシュタグで参加するキャンペーンも、自然に受け入れられて広まるものになるよう、気を付けています

藤元:そのようなやり方はD4DRと相性が良いと思っています。企業がリサーチ結果を通して、どうユーザーの共感を得ていくのか、考えていくことも、D4DRが提示できる価値だと思っていますので

画像: 藤元 健太郎:1991年電気通信大学情報数理工学科卒業後、野村総合研究所入社。1999年5月、株式会社フロントライン・ドット・ジェーピー代表取締役就任。 2002年6月、D4DR(ディー・フォー・ディー・アール)株式会社代表取締役に就任。日経MJ「奔流eビジネス」連載中。

藤元 健太郎:1991年電気通信大学情報数理工学科卒業後、野村総合研究所入社。1999年5月、株式会社フロントライン・ドット・ジェーピー代表取締役就任。 2002年6月、D4DR(ディー・フォー・ディー・アール)株式会社代表取締役に就任。日経MJ「奔流eビジネス」連載中。

粟飯原:これからの時代、ユーザー対企業という考え方よりも、全体が大きなトライブになって、お互いにインスパイアし合うことが大事だと思っています。アイランドとしては、そのファシリテーターとして、効果的に役割を果たしたいです

ユーザー投稿から発見できる、ビジネスにつながるヒント

藤元:エモいハッシュタグは、企業がユーザーとコミュニケーションをとる際に有効ですね

粟飯原:ハッシュタグはユーザーの今の気持ちが現れるので、分かりやすいですね。面白いハッシュタグをつけてユーザーと企業、ユーザー同士がつながり、発信の場にもなるのは面白いです。
今は「#フライングオータム」秋に揚げ物を楽しもうという投稿企画があるのですが、とても盛り上がっているのですよ

画像: 粟飯原理咲:アイランド代表取締役社長。NTTコミュニケーションズ株式会社先端ビジネス開発センタ、株式会社リクルート次世代事業開発室・事業統括マネジメント室勤務、総合情報サイト「All About」マーケティングプランナーを経て、2003年7月よりアイランド株式会社代表取締役。日経ウーマン誌選出「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」2000年度ネット部門第1位、2003年度同賞キャリアクリエイト部門第6位受賞。美味しいものに目がない食いしん坊&行くとついつい長居してしまう本屋好き。

粟飯原理咲:アイランド代表取締役社長。NTTコミュニケーションズ株式会社先端ビジネス開発センタ、株式会社リクルート次世代事業開発室・事業統括マネジメント室勤務、総合情報サイト「All About」マーケティングプランナーを経て、2003年7月よりアイランド株式会社代表取締役。日経ウーマン誌選出「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」2000年度ネット部門第1位、2003年度同賞キャリアクリエイト部門第6位受賞。美味しいものに目がない食いしん坊&行くとついつい長居してしまう本屋好き。

藤元:そういった盛り上がりは企業にとっても、ユーザーにとっても新鮮ですね。
この間、新潟の街で「#古着」が多く取り上げられていて、実は若者の間で古着の店が流行っていることが、Instagramの分析で分かり、新たな街の魅力の発信の再発見につながった事例がありました。そういうユーザー主導の発信の中にも、ヒントが多くある場合がありますね
アイランドで何か新しく取り組んでいることはあるのでしょうか?

粟飯原:Instagramのトライブ作りを、さらに進化させていきたいと思っています。
また、こういう色合いで投稿されていると「いいね」が多いなどの画像分析もできたらいいですね。
さらにこれから生っぽい動画表現も出てくると思うので、楽しみにしています


企業とユーザーのコミュニティは、企業にとって大変重要になってきています。
マス的なアプローチが力を失う中、SNSを使ってユニークな仕掛けを発信したり、商品やブランドのファンであるユーザー主導のコミュニティ作りが、求められます。
企業による恣意的でない、ユーザー目線のアプローチを、アイランドとD4DRが共通に大切にしているということを、今回の対談で確認できたと感じています。

D4DRでは、アイランドをはじめとした企業とタッグを組み、時代に即した最適なアプローチを、これからも探索していきます。

The following two tabs change content below.
D4DR_www_admin
D4DRの広報PR担当です。webやソーシャルメディアを通じて、ITビジネス、デジタルマーケティング、各種データ分析、CRM、ソーシャルメディア分析などの消費者インサイト発見に関する情報を発信しています。