インターネット調査

概要

インターネット調査とは、一般消費者を中心としたモニターに対しアンケートを行う定量的な調査です。アンケートは、ユーザー傾向を見極める有効な手段です。

D4DRの強み

D4DRでは、対象者選定、調査項目策定、調査表の作成、実査、分析、分析結果からの提言を含めた報告書作成、報告会の実施まで御社の専任担当者がワンストップで調査を実施することができます。
もちろん、他のサービス(O2Oコンサルティングなどのコンサルティングメニューやデプスインタビューなどの他の調査メニュー)と組合わせることも可能です。御社が必要としている業務全てがワンストップで対応できます。

詳細

このような方に向いている調査です

  • 生活者の声を商品(サービス)開発/改善に活かしたい
  • 自社商品(サービス)と他社商品(サービス)の評価や浸透度を知りたい
  • BtoCマーケティング施策全般にお悩みの方
  • 現在の生活者が「何を考えているのか」「どのような行動をとっているのか」を知り経営判断に活かしたい

Webアンケートの利便性

アンケートは、ユーザーの好き嫌いや行動パターンなどの傾向を見極めることにとても有効な手段となっています。最近は、このアンケートは特殊な事例を除き、Webアンケートで集めているという企業が多くなっています。
Webアンケートの最大のメリットは、一度に多くのアンケートをさまざまな年齢や職業に就いている人から、短期間で回答を得たい層から回答を集めることができるということです。
ちなみに1000名分のアンケートであれば、2、3日で回収が可能です。

また、通常のアンケートのように用紙などの必要もなく、配布や回収にかかる費用も必要ではないので、コストを安く抑えることもできます。
回収されたデータも、事前に質問間で矛盾した回答ができないような設定ができますので、信憑性の高いデータとなります。
さらに、性年代などのデモグラフィック情報以外にも回収条件を細かく設定できますので、より目的に沿った消費者の回答を集めることが可能となります。

結果だけではなく分析が重要

消費者ニーズを把握し競合企業の状況や市場状況などを合わせてゆくことが、ビジネス成功の鍵を握るポイントと言ってよいでしょう。そのためには事前の十分なマーケティング・リサーチ(市場調査)が必要になってきます。

弊社では、ワンストップでマーケティング戦略の立案から、需要の予測、市場規模の予測、他社との競合状況、顧客満足度などを集め、それを分析し、その結果に基づいて、どんな商品・サービスを扱い、どのように体制を組むかまでご提案することができます。インターネット調査はその根幹の調査の一つと言えます。
なお分析はクロス集計分析を軸に、施策立案の内容に合わせクラスター分析、コレスポンデンス分析、回帰分析などの多変量解析も行います。

タグTags

このサービスに関するタグ: 

関連サービスRelated Service