短くても伝わる文章力を磨く―ライティングスキル向上勉強会―


D4DRでは、定期的に若手社員向け研修を開催しています。
今回(2019年11月 実施)は、文章作成の技術向上をテーマにしました。
講師として、日本経済新聞社編集委員兼政治部で活躍する傍ら、テレビやラジオでキャスターを務め、さらに東海大学政経学部経済学科で教鞭を取る 木村恭子教授をお招きしました。

東海大学政経学部経済学科 木村恭子教授

文章を書く技術は、プレゼンテーションスライドやビジネス資料作成の際に必要となります。若手社員が全員出席した本研修では、限られた文字数で、簡潔に分かりやすい文章を読者に届けている新聞記者の、記事執筆イロハを学び、アナリストとしてのアウトプット力向上を目指します。

ウォームアップで行ったのは、気になる新聞記事の要約トレーニングです。

  1. 当日の朝刊から気になる記事を選び、そのポイントを捉える。
  2. なぜその記事を選んだか自分の背景を考える。
  3. その記事を読んで、自身がどのように考えたか自分の意見を持つ。

以上、3点を1人で行った後はペアになって共有します。書く前に「読み解く能力」を鍛える訓練です。

「伝わる文章のための5Tips」と題された今回の研修の本章では、文章を書く上で押さえるべき5つのポイントを学びました。 D4DRのブログ記事を引用し、ポイントに沿ってその場で修正を入れていくことで、より理解が深まります。

実践課題にも取り組みました。厚生労働省発表の労働経済白書(概要)を用いて、500字以内で紹介文を作成することに挑戦しました。
短い時間で膨大な情報から要点をつかみ、まとめ上げていく作業は非常に難しく、ほぼ全員が時間内には仕上がりませんでした。しかし、講座で学んだことを意識しながら、実際に書いてみることはより深い理解を促します。

お客様へ提供する資料を、分かりやすい・読みやすい文で構成していくことは、ビジネス、特にソリューション提案を行うD4DRではとても大切な技術です。本研修を通して、ライティングスキルという基礎技術を高め、現状の課題や改善点を見つけることができました。今回のライティング研修は今後の成長の糧となる2時間となりました。

D4DRでは今回のような、社内勉強会・セミナーを全社員向けに行い、スキル向上やナレッジ共有を定期的に行っています。

The following two tabs change content below.
D4DR PR Staff
D4DRの広報PR担当です。webやソーシャルメディアを通じて、ITビジネス、デジタルマーケティング、各種データ分析、CRM、ソーシャルメディア分析などの消費者インサイト発見に関する情報を発信しています。