b-28 : 平均寿命100歳時代

医療技術の発展によって、平均寿命が100歳を超えることが予想され、ライフコースの多様化や制度の見直しが進む

予想される社会的な影響

・ライフスタイル・ライフコースの多様化

・人生100年時代を見据えた教育・介護サービスの登場

・教育や雇用制度、社会保障などの国の制度の見直し •定年の延長・撤廃

背景・理由・事例

・医療技術の発展を背景にロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授によって「人生100年時代」という言葉が提唱された
・2017年9月から人生100年時代を見据えた経済社会システムを創り上げるために日本政府で「人生100年時代構想会議」が複数回にわたって開催されている。政府は、長い人生をより充実したものにするために社会人の学び直しなど生涯にわたる学習が重要としている(出典:⼈⽣100年時代構想会議(平成29年11⽉内閣官房 ⼈⽣100年時代構想推進室)

出典:⼈⽣100年時代構想会議
(平成29年11⽉内閣官房 ⼈⽣100年時代構想推進室)

・定年の延長や撤廃により、現在の定年である65歳を過ぎても働き続けることが可能になる。また、その働き方は、雇用されて働くパターン(継続雇用、再雇用、再就職) 以外にも、起業やNPOなどの地域貢献型、協業労働やボランティアなど様々である

・株式会社ライフシフトは、人生100年時代に備えた新たな社員教育として企業内リカレント教育プログラムを提供している。キャリアアップに必要な要素として(マインド、知恵、仲間、評判、健康)を「変身資産」と名付け、それらを軸として必要な能力を体系的に学べるカリキュラムとなっている(出典:ライフシフト大学が企業内リカレント教育プログラムの提供を開始〜人生100年時代に備える新たな社員教育の形〜(PR TIMES)

関連コンセプト