a-44 :火星で人類が生きていくために必要な技術

予想される社会的な影響

•将来的に人類が火星にテラフォーミングするための構想とそのための研究が加速する

•火星移住に向けた研究は、地球上での科学技術力発展にも寄与する

背景・理由・事例

•惑星の環境を地球と類似した環境に変化させ、人類が定住できるようにする構想を「テラフォーミング」と呼ぶ。火星はテラフォーミングの最も有望視されている候補で、火星の環境を改変する方法が複数検討されている。(出典:ファン!ファン!JAXA!ライブラリ名古屋大学 惑星50のなぜ

•2030年代までに火星に基地を設ける計画があるが、人類が居住するためには隕石やガンマ線、温度変化に対応する必要がある。Wiredでは火星移住に必要なものとして次の7つを挙げている。①膨張式住居、②高機能性減水剤、③尿素、④自律ロボット、⑤電力、⑥農業(火星で現地栽培する方法)、⑦大気(出典:Wired 月や火星で暮らすなら何が必要になる? 宇宙基地での生活に欠かせない「7つの必需品」

出典:Wired 月や火星で暮らすなら何が必要になる? 宇宙基地での生活に欠かせない「7つの必需品」

•2021年4月21日、NASAは火星探査車「パービシアランス」に搭載した実験機器で、約95%が二酸化炭素である火星の大気から酸素を生成することに成功したと発表した。有人火星探査に必要な酸素を作り出す技術への応用が期待されている。(出典:NHK 火星の大気から酸素の人工生成に成功と発表 NASA

出典:NHK 火星の大気から酸素の人工生成に成功と発表 NASA

•月や火星での長期滞在時に食料を生産するための研究も進んでいる。農林水産省は、宇宙環境での食料の生産・供給に向けた研究開発を行う大学や企業等に対し、「宇宙開発利用加速化戦略プログラム」の一環として2021年度に3億円を支援することを発表した。(出典:時事ドットコム 食料の宇宙生産支援 月や火星探査、長期滞在に備え―農水省

出典:時事ドットコム 食料の宇宙生産支援 月や火星探査、長期滞在に備え―農水省

関連コンセプト