ロジカルシンキングを鍛える論理思考パズル「嘘つきは誰だ?」

 
画像: ロジカルシンキングを鍛える論理思考パズル「嘘つきは誰だ?」

採用試験など、地頭力を知るために使われる「論理思考パズル」。今回の問題は「嘘つき探し」です。

問題「嘘つき探し」

ここに本当のことしか言わない正直族と、ウソしか言わないウソツキ族がいます。その中の10人が、それぞれこんなことを言いました。

1:我々のうちの1人だけがウソツキ族
2:我々のうちの2人がウソツキ族
3:我々のうちの3人がウソツキ族
4:我々のうちの4人がウソツキ族
5:我々のうちの5人がウソツキ族
6:我々のうちの6人がウソツキ族
7:我々のうちの7人がウソツキ族
8:我々のうちの8人がウソツキ族
9:我々のうちの9人がウソツキ族
10:我々全員がウソツキ族

この中で正直族、ウソツキ族はそれぞれ何人いるでしょうか?

回答

まず10に着目します。
正直族が「我々全員がウソツキ族」と言うとウソになってしまいますから、必然的に10はウソツキ族ということになります。その場合、「我々全員がウソツキ族」という言葉がウソということになりますから、最低10人のうち、最低1人は、正直族が含まれていることになります。

次に1に着目します。
もし「我々のうちの1人だけがウソツキ族」ということが本当ならば、10以外の1~9すべてが正直族だということになります。しかし、2は「我々のうちの2人がウソツキ族」と言っています。これを正直族が言うことはできませんから、2はウソツキ族ということになります。

この時点で10と2がウソツキ族ですから、1も成り立ちません。つまり、1を言ったのもウソツキ族ということがわかります。この考え方で、1~8までがすべてウソツキ族ということがわかります。

最後に9に着目します。
1~8、および10がウソツキ族、かつ最低1人正直族がいる状態は、この9を正直族にすることで成り立ちます。よって回答は、正直族1人、ウソツキ族9人ということになります。

もうひとつの回答方法

別の回答として、次のようにも考えられます。
この10人が言っている内容は、どの2つも同時には成り立たないということに着目します。

例えば、「我々のうちの1人だけがウソツキ族」で、かつ「我々のうちの2人がウソツキ族」であることはありえません。このような2つの事柄どうしの関係を、数学用語では「排反」とか、「互いに排反」と呼びます。

この事から、最低9人は嘘をついていてウソツキ族。多くても1人だけが正直族であると分かります。

ウソツキ族が9人か10人かという問題は、それぞれ仮定してみると分かります。

「10人」という仮定をすると、全員がウソツキ族になりますが、10が真実を言っているので矛盾してしまいます。

「9人」という仮定をすると、真実を言っているのは9で、正直族が1人という仮定に反しません。

よって回答は、正直族1人、ウソツキ族9人ということになります。

 
The following two tabs change content below.
D4DR PR Staff
D4DRの広報PR担当です。webやソーシャルメディアを通じて、ITビジネス、デジタルマーケティング、各種データ分析、CRM、ソーシャルメディア分析などの消費者インサイト発見に関する情報を発信しています。