【プレスリリース】書籍発刊『消費トレンド2040市場予測・ロードマップ ―次の15年に生まれる商品・サービス173―』(2024/02/13)

ディー・フォー・ディー・アール株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤元健太郎、以下D4DR)の未来予測専門シンクタンク部門である「Future Perspective Research Center」(以下FPRC)は、2024年2月13日に日経BPより発刊される『消費トレンド2040市場予測・ロードマップ―次の15年に生まれる商品・サービス173―』を執筆いたしました。 本書では、2030~2040年に興ると予想される新しい15の消費市場を定義し、その市場においてどのような技術の影響があり、新たな商品・サービスが出現するかを捉え、未来シナリオを予測しています。ロードマップや市場規模など、これからのビジネスを考える上で欠かせない内容を掲載しています。

本書は『消費トレンド』シリーズ第3弾として、2030~2040年に興ると予想される新しい15の消費市場を定義し、その市場においてどのような技術の影響があり、新たな商品・サービスが出現するかを捉え、未来シナリオを予測しています。2022年2月に刊行された『消費トレンド総覧2040市場予測―次の20年に生まれる新商品・サービス171―』以来、2年ぶりの改訂ということで、ロードマップや市場規模などのアップデートだけでなく、新たに生活者インサイトを取り入れた市場別ターゲット予測も加わり、これからのビジネスを考える上で欠かせない内容を掲載しています。
VUCA時代とも呼ばれる今、未来をしっかりと想定して経営戦略や事業戦略を立案することが大変難しくなっています。本書を通して長期的な視点で消費市場を俯瞰することで、自社のビジネスにとってどのようなインパクト、事業機会、脅威などが考えられるか、具体的に想定することができます。新規事業の創発や中期経営計画の策定など、多様な場面でぜひご活用ください。

15の新・消費市場

詳細はこちら

https://www.d4dr.jp/trend2040-2024/

本書の発刊に伴う特別ワークショッププログラム

本書をご購入いただいたお客様に、新・消費市場を解説するプログラムや、より深掘りするワークショップを割引価格でご提供いたします。詳しくは詳細ページのコンタクトフォームよりお問い合わせくださいませ。


プレスリリース全文は以下よりご覧いただけます。

https://www.d4dr.jp/wp-content/uploads/2024/02/7c2f9c373daa43fb5cfcc052b16aa8e4.pdf