15の新・消費市場が自社にもたらす機会と脅威とは? ―『消費トレンド2040-市場予測・ロードマップ』―

執筆の背景

D4DRのシンクタンク部門FPRC(Future Perspective Research Center)は、2024年2月13日『消費トレンド2040 市場予測・ロードマップ』を執筆し、日経BPから刊行いたしました。

第四次産業革命やVUCA時代とも呼ばれる変化の只中にある現在。
未来を構成する要素が、登場したと思えばあっという間に顕在化するなど、かつて生物の大進化が始まったカンブリア大爆発のような時代に突入しています。例えば「家庭用サービスロボット」は3年後だとまだ市場として大きくなっているかは定かではありませんが、2030年には確実に一定のサービスが始まっているはずです。このようなケースが山のようにある現在は、経営戦略を立案するには大変難しい時期だと言えるでしょう。

本書では2030~2040年に向け、象徴的な新しい15の消費市場を定義し、その市場がどのような技術により新たな商品・サービスとして出現するかを捉えることで、未来シナリオを予測しています。新規事業の立案や既存事業の発展に貢献できることを期待しています。

本書の特徴

  • 15の新・消費市場を定義
  • 各市場の構造を示す市場イメージ図を提示
  • 各市場の変化を俯瞰する「変化予測ロードマップ」を提示
  • 各市場が現在の市場に与える脅威・リスクをマクロトレンドを踏まえて解説
  • 公的データなどから、2025年、2030年、2040年の市場規模を推計
  • 各市場で生まれる新商品・サービスを具体的に示して解説
  • 各市場における代表的な生活者欲求とそれを元にしたペルソナを提示

『消費トレンド2040市場予測・ロードマップ』書籍概要

著者:D4DR Future Perspective Research Center
編集:日経クロストレンド、日経クロステック
価格【書籍のみ】660,000円(10%税込)
  【書籍とオンラインサービスのセット】価格:990,000円(10%税込)
発行日:2024年2月13日
仕様:A4版、648ページ
発行:日経BP

15の新・消費市場

アウトプットイメージ

市場イメージ図
市場規模推計

『15の新・消費市場』の機会と脅威 ~自社の経営に活かすレポート作成も行います~

本書では、FPRCのナレッジを活用し新市場を俯瞰的に知ることができるように書かれています。自社のビジネスにとってどのような事業機会があり、どのようなリスクが考えられるか、本書の内容を活用して具体的に想定することで、事業計画や新規事業立案、中期経営計画策定など、さまざまな企業内での活用が可能になります。

企業内での活用を円滑に進めて頂くためには、本書に記述した15の新・消費市場を、2030~2040年の未来からのバックキャストで想定するアプローチが有効ですが、D4DRでそのサポートも行っています。

個別ディスカッションプログラムや、ワークショップの形式で実施可能です。

ご提供価格:30万円~ (書籍を購入いただかなくてもご提供可能です)

【トレンド総覧発売記念】業界の未来を考える最新版『未来創発ワークショップ』を特別価格でご提供

市場調査から一歩進んで、未来の変化に対応するための人材や組織の課題にお悩みの方、自社の市場の未来を踏み込んで考えたい方必見。

本書の内容を反映した最新版の未来創発ワークショップ(①「トレンド総覧」を更に深掘りした業界別のインプットセッション+②未来仮説からあるべき事業を考える体験型プログラム)を企業様にオーダーメイドでご提供いたします。

◯対象者

・未来市場を深く理解し、戦略策定や事業開発を行いたい経営企画・事業部の担当者

・未来の変化に対応する組織を作っていきたい人材開発担当者

※本のご購入をせずワークショップ単体でのお申し込みも可能です

◯期間

お申し込みからワークショップ完了まで2-4週間程度で可能。

◯料金

通常価格115万円のところ、割引プランでのご提供もいたします。専用プランの個別提案や無料見積も実施しております。

お申し込み・詳細は以下よりお申し込みください。

お問い合わせはお気軽に

内容のご案内や購入のご相談など、お気軽にお声がけください。

書籍・レポート作成サービス、ワークショップについて、オンラインで簡単にご紹介させて頂くことができます。(15分程度)

オンラインでのご紹介では、アウトプットイメージ(書籍の一部)や、ディスカッションプログラムのフレームワーク、ワークショップについてを画面共有を使ってご案内します。