<イベント報告>「創業100年以上。SDGsを実証してきた老舗企業が考える、持続可能性とは」(第30回NRLフォーラム)


D4DRも幹事として企画・運営に携わるNextRetailLabフォーラムの第30回が1/30(木)に開催されました。
当社代表の藤元が、進行・モデレーターを務めた今回のテーマは「SDGsを実証してきた老舗企業が考える、持続可能性」です。
ゲストに100年以上続いている老舗企業3社の方々を迎え、前半は3名の講演、後半はフェローも含めたパネルディスカッションを行いました。
老舗と言われる3つの企業が「持続」していくために実践してきたこと、これから「持続」していくためにどうするかが熱く議論され、時間いっぱい盛り上がりを見せていました。
(ゲスト:株式会社榮太樓總本鋪 取締役副社長 細田将己氏、株式会社文明堂東京 代表取締役社長 大野進司氏、株式会社山本海苔店 専務取締役 営業本部長兼管理本部長 山本貴大氏)


「善意の積み重ね」
「(持ちつ持たれつ)生産者を大事に」
「素材(原材料)にこだわる」
「従業員が主役である会社でいたい」
「『社会への貢献』は創業当時からの理念の一番上に書かれている」
挙げたらキリがないほどに、多くのメッセージや企業の持続可能性に関するヒントが語られました。

ゲスト3社の歴史に共通していたことは、時代の変化に柔軟に対応しつつ、企業の特色を生かしながら社会に貢献し続けていることです。
企業活動にとっても欠かすことができなくなってきている「SDGs」の概念は、その言葉が生まれる前から息づいていたのだと感じた回でした。

The following two tabs change content below.
D4DR PR Staff
D4DRの広報PR担当です。webやソーシャルメディアを通じて、ITビジネス、デジタルマーケティング、各種データ分析、CRM、ソーシャルメディア分析などの消費者インサイト発見に関する情報を発信しています。