新規事業を成功に導く5つの視点

D4DRは、これまで様々な産業・業種の事業者様の新規事業や長期戦略支援をしてきました。また、現在も数々のスタートアップの伴走支援を続けています。20年間、新規事業の立ち上げを支援してきたD4DRの代表である藤元が、新規事業立ち上げに関するご相談で共通している点を5つにまとめました。新規事業の企画や立ち上げがうまく進んでいないと感じる担当者様はぜひご覧ください。

 

本記事は以下のような方にオススメです。

・新規事業を立ち上げたが、うまくいかない
・新規事業の立ち上げに向けて進めているが、堂々巡りになっている
・新規事業開発チームで話し合っているが、ひとりひとりの思い描く未来像が違っている

 

弊社が実際に新規事業立ち上げ支援をする際に使用しているワークシートも提供しています。ぜひ新規事業の創出に悩んでいましたら、ご活用ください。自社の新規事業が目指したい未来社会像が何なのかが明確になります。資料ダウンロードはこちらから。

 

1. ありたい未来の自分ごと化・ビジョンデザイン

まず、新規事業を考える上で、会社や事業の未来のあるべき姿・ありたい姿の方向性を策定しておくことです。会社のあるべき姿を通して、より良い社会・より幸福な社会を実現することにつながります。どのような未来社会の実現を望んでいるのかをしっかりと描き、「私はこのような社会を実現していきたい!」という、自分ごと化された強い意思、未来社会に対する熱い想いを持ち、新規事業の立ち上げに向き合っていくことが重要です。

また、未来のありたい姿について共通言語を持っておくことも、事業推進の重要なカギとなります。チーム内の仲間と、それぞれが思い描く未来社会を共有することで、より具体的、かつ既存の考えにとらわれない新しいアイディアと出会えることがあります。会議の時間等がなかなか取れないこともあると思いますが、それぞれが思い描く未来社会の姿が違うと、最終的にうまくいきません。新規事業を立ち上げる際に、とても重要なプロセスの一つになりますので、必ず時間をとり、焦らずじっくりと、全員で事業と向き合いましょう。

 

2.分野俯瞰的視野

変動性、不確実性、複雑性、曖昧性が高いVUCA時代に突入しました。
急激な技術の進展や、グローバリゼーションによる市場環境の突然の変化、多様性に富んだ生活者の価値観などの影響により、事業を立ち上げることが困難な時代となっています。しかし逆に、既存の市場のルールも一変し、ゲームをひっくり返すチャンスでもあります。

VUCA時代の事業立ち上げには、今までのやり方にとらわれない新たな手法や組み合わせを考えることが必須になります。未来から考えるバックキャスティング的思考と、分野間の俯瞰的な視野をもつことで、10年後、20年後まで通用するサービス・ソリューションを生み出すことができます。

 

3.シナリオ構築力

社内でアイデア導出したはいいものの、具体化せず、堂々巡りになってしまっていませんか。実は弊社に寄せられる相談として最も多い内容です。
創出したアイデアを具体化するためには、未来を起点とし、時間軸のそれぞれの地点でなにを達成するべきかを明確にすることで、アイデアのシナリオを描くことができます。

シナリオを描き、検討していくなかで、自社の現状分析や未来社会が自社に与える機会や脅威を評価することも重要になります。

 

この続きを見るには…以下より資料をダウンロードしてください。

フォーム入力後、すぐにダウンロードできます。また、実際に活用できるワークシートも【限定配布】していますので、ぜひご活用ください。