加賀市Web3.0未来エンパワーメント会議〜バックキャスティングでありたい未来をエンパワーメント〜

加賀市Web3.0未来エンパワーメント会議〜バックキャスティングでありたい未来をエンパワーメント〜

日時
2022年12月10日(土)14:00~17:00 ※ 後日アーカイブ配信あり
現地開場 13:30~ / オンライン入室開始 13:50~
※ オンラインは~16:25まで ※ アーカイブ配信は当日参加できなくても視聴可能です
会場
ホテル アローレ(石川県加賀市)/オンライン(Zoomウェビナー)
定員
現地会場 100名 / オンライン 100名
参加費
無料
※ 当日ご参加・ご視聴いただいた方に限定して、無料の参加証NFTを配布予定です
申込締切
現地会場 2022年12月7日(水)正午 / オンライン 2022年12月9日(金)正午
主催
石川県加賀市
運営
D4DR株式会社

こんな方にオススメ

  • Web3.0エンジニアやクリエイターの方
  • e-加賀市民制度など加賀市の「加賀市Web3.0都市構想」
      興味関心のある方
  • Web3.0関連の取り組みをしている事業者の方
  • 広くWeb3.0、地方創生/地域活性化に関心のある方
  • 自治体主導のスマートシティプロジェクトに関心のある方
  • 加賀市/周辺地域にお住まいの方

加賀市では、先端技術の社会実装によって地域課題の解決や市民生活の質の向上を実現する「スマートシティ加賀」の実現を目指しています。
2018年3月には日本で初めて「ブロックチェーン都市」形成を宣言し、行政が先端技術導入を先導するまちづくりに取り組んでいます。
また、2019年11月にはエストニア共和国のハープサル市との間で友好交流覚書を締結し、電子国家エストニアとの交流を深めるとともに、電子居住制度e-Estoniaを参考モデルとした新たな関係人口の創出を目指す「e-加賀市民制度(加賀版e-Residency)」を2021年5月に発表しました。
その後マイナンバーカードの普及率で国内トップクラスとなり、デジタルID基盤の構築を進めるとともに、デジタル田園都市国家構想を先導する役割として国家戦略特区「デジタル田園健康特区」へ2022年4月に指定されています。
今後、加賀市は日本の地方都市を代表する電子自治体としてさらに加速すべく、Web3.0を活用したスマートシティにも取り組んでいきたいと考えています。
D4DRでは、これまでリサーチを繰り返し創り上げたナレッジをフルに活用して未来を予見し、未来から時間を逆引きしてシナリオを描くバックキャスティングアプローチで、2030~2040年を視野に入れた戦略づくりをサポートしています。

本イベントは、石川県加賀市が主催、D4DRが企画運営支援をし開催します。
イベントでは「加賀市Web3.0都市構想」を発表し、国家戦略特区としての特例措置や実質コストゼロ起業の支援サービスなど、関係人口100万人創出を掲げる加賀市ならではの施策を広く知っていただけます。また、イベント前に記者発表するe-加賀市民制度の実証を実施するにあたり、加賀市でのWeb3.0の取り組みをサポート・推進する環境・コミュニティ形成の下地作りのスタートにしたいと考えています。
加賀市だけでなく、他の地域でも地方創生の参考としていただける内容で実施いたします。目前の課題を解決することに注力するのではなく、ありたい未来から「バックキャスティング」で今を捉えて、新たな取り組みを創出するヒントを得られるイベントです。

登壇者プロフィール

國光 宏尚 氏

國光 宏尚 氏

株式会社フィナンシェ

代表取締役CEO

1974年生まれ。米国Santa Monica College卒業。
2004年5月株式会社アットムービーに入社。同年に取締役に就任し、映画・テレビドラマのプロデュース及び新規事業の立ち上げを担当する。
2007年6 月、株式会社gumiを設立し、代表取締役社長に就任。
2021年7月に同社を退任。
2021年8月よりフィナンシェ代表取締役CEOおよび株式会社Thirdverse代表取締役CEO就任。
2021年9月よりgumi cryptos capital Managing Partnerに就任。

早川 周作 氏

早川 周作 氏

琉球アスティーダスポーツクラブ

代表取締役

大学に進学し在学中に起業。
元首相の秘書として勉強し、28歳で衆議院選挙に出馬。
その後約90社の顧問やアドバイザーの立場でベンチャー企業を指揮する。
2018年琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社代表取締役に就任。
明治大学MBAビジネススクール講師、国立大学法人琉球大学客員教授に就任。

樋田 桂一 氏

樋田 桂一 氏

株式会社ブロックチェーン戦略政策研究所

代表取締役

07年アラヤ株式会社へ入社し、翻訳業界へ。
11年有限会社トランジェンにフリーランスとして所属。
14年4月Rising Bitcoin Japanを結成。
14年9月に発足した一般社団法人日本価値記録事業者協会(JADA)に事務局長として参画。16年4月に一般社団法人日本ブロックチェーン協会へ改組。18年10月まで事務局長として活動する。暗号資産(仮想通貨)に係る法整備、税制改正、会計基準などの策定に参画。国内での行政や事業団体、海外カンファレンス等での講演多数。
22年1月 株式会社ブロックチェーン戦略政策研究所を設立。同月、一般社団法人日本ブロックチェーン協会アドバイザーに就任。

川村 文彦 氏

川村 文彦 氏

コーギア株式会社

代表取締役社長

IoT/AIテクノロジーやデータ解析に関連する新規事業開発に従事。国内・海外を問わず、大企業やスタートアップとの協業ビジネスやJV企業設立など、ソニーの先端R&Dテクノロジーを活用しつつ、新しいビジネスをインキュベートする活動を数多く経験しており、協業パートナーを巻き込みつつ、中長期的にスケーラブルなビジネス戦略の立案と施行に強みを持つ。設立したJV企業の社外取締役などのシニアマネジメントを経験した後、ソニーのグループ内スタートアップ・CORGEARを設立。日本発のブロックチェーンネットワーク・Japan Open Chainに初期から参画し、web3技術を活用した事業開発を積極的に推進中。

宮元 陸 氏

宮元 陸 氏

石川県加賀市長

法政大学法学部を卒業
衆議院議員秘書を経て、平成11年4月 石川県議会議員就任(4期)
県議会副議長・県監査委員・県議会運営委員会委員を歴任
平成25年10月 加賀市長就任(現在3期目)

山内 智史 氏

山内 智史 氏

加賀市最高デジタル責任者

慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。
大阪府立大学卒、同大学大学院工学研究科修了。
東京エレクトロン株式会社での研究開発、産業技術総合研究所太陽光発電センターへの派遣研究員兼務、ベンチャーキャピタルでの大学発ベンチャー投資支援、ソニーの半導体戦略企画グループ統括など経験。
21年9月加賀市最高デジタル責任者に就任。

プログラム
加賀市Web3.0未来エンパワーメント会議
〜バックキャスティングでありたい未来をエンパワーメント〜

14:00

14:00-14:10

開会あいさつ

宮元 陸 氏 加賀市長

14:10

14:10-14:30

加賀市Web3.0都市構想について

山内 智史 氏 加賀市最高デジタル責任者

14:30

14:30-15:00

基調講演「世の中のWeb3.0の現状と地方創生における可能性~フィナンシェの取り組み」

國光 宏尚 氏 株式会社フィナンシェ代表取締役CEO

15:10

15:10-16:25

ディスカッション「Web3.0の地方創生における可能性・地方ならではの強みについて」

モデレーター:藤元 健太郎 D4DR代表取締役 / FPRC主席研究員

テーマ① Web3.0×地方創生

パネリスト:國光 宏尚 氏 / 早川 周作 氏


テーマ② Web3.0×加賀市

パネリスト:樋田 桂一 氏 / 川村 文彦 氏 / 山内 智史 氏


質疑応答
※オンラインで参加の方はここまでとなります。

16:25

16:25-17:00

名刺交換会