ちょいみる分析 インスタグラムから見えるホリデーシーズンのティファニー

今回の『ちょいみる分析』は、世の中が一気に恋人たちで賑わうクリスマス!
12月はクリスマス、忘年会、歳末セールなどインスタグラムの投稿も多くなります。
その中でも、世の中が恋人たちで賑わうクリスマスをテーマにします。
クリスマスと言えばプレゼント。あなたは大切な人にどのようなクリスマスプレゼントを贈り、贈られましたか?
女性へのクリスマスプレゼントの定番と言えば『ジュエリー』ですね。
ジュエリーブランドの中でもクリスマスプレゼントの代表格と言えるのが『ティファニー』ではないでしょうか?私も大好きです。
そこで今回の『ちょいみる分析』は、ティファニーについて
「1.投稿数の推移(日次)」「2.投稿内容分類」「3.投稿数の推移(時間帯)」に分けて見てみました。

恋人たちのクリスマスはやっぱりティファニー?

12月1日~26日間に投稿数は3,374件ありました。(ジュエリーブランド「ティファニー」以外の投稿は除く)
3374件の内訳は下記の通りです。

・クリスマスに関連した投稿 1,730件
・クリスマス以外の投稿 1,644件

さらにクリスマス関連の投稿1,730件を詳しくみてみると下記のような内訳になっています。
・プレゼント(受け取った人など)207件
・プレゼント以外 1,523件
次に、12月1日~26日の、別の推移もみてみました。

12月はボーナスシーズンでもあり定常的に投稿がありますが、クリスマス期間(23-25日)の投稿が突出して多くなっています。
クリスマスプレゼントの話題は、プレゼント以外のクリスマスの話題に比べると意外に少ないように感じます。
ティファニーと過ごしたクリスマスシーズンはどんなだったんでしょうか??
これに関して『投稿内容分類』でご紹介させていただきます。

クリスマスプレゼント以外の投稿は?

インスタグラムの投稿内容を一つ一つ分析していく「投稿内容分類」では、そのブランドがどのような場面で
使用されているかといった利用シーンや、ブランドの人気度などが、可視化できます。
結果は、クリスマス関係の投稿が1,523件、アクセサリー1,165件、ティファニーの店舗414件、クリスマスツリー381件、が多く見られました。
他にも、「婚姻関係の投稿」「プレ花嫁」「プロポーズの報告」など“結婚”に関した掲載なども、まとまって見られました。
流行語の「インスタ映え」に反してアクセサリーや香水などの商品ではなく「紙袋」「箱」だけの投稿がまとまってあるのも面白い結果ですね。
また、ランキング9位の「自己購入(自分へのプレゼント)」も『自分へのご褒美』とコメントした投稿や購入した商品の投稿が多く見られ新しい発見になりました。
※クリスマスプレゼント以外の投稿が増えた要因を探るため全体の3,374件からクリスマスプレゼントの投稿207件を除いた3,167件の投稿内容になります。

(母数=クリスマスプレゼントの投稿を除いた3,167件)

●投稿内容


クリスマスプレゼントの投稿はクリスマスイヴが終わってから??

さて、もらったクリスマスプレゼントは一体いつ投稿される事が多いんでしょうか??
開けてすぐ?それとも家に帰ってじっくり眺めた後でしょうか??
12月23日~26日の時間帯別投稿数を使って確認してみます。
結果を見ると
・3日間とも夜間(20時以降)の投稿が多い
・クリスマスイヴとクリスマスは、深夜(23時以降)に、1日のピークがある
といった傾向がみられます。
では、いったい、どういった理由でクリスマスイヴとクリスマスの深夜にで投稿が多かったのか?理由を探るべく投稿内容を見ていきたいと思います。

●投稿画像

実際の画像投稿をいくつかピックアップしました。

24日23時台の投稿
主に家族で過ごした方の投稿が多く旦那様や家族への日々の感謝の言葉が送られている傾向が多く見られました。

 

25日の0時台の投稿
学生や若い層の方が家族と恋人と一緒に過ごした投稿
入籍の報告などがみられました。
クリスマスイヴを友人や家族と忙しく過ごされたのがよく分かります。

 

25日の23時台の投稿
入籍報告の他、比較的20代後半からの恋人たちの投稿やお一人様のクリスマスの投稿
など、今年もクリスマスが無事終わったことを報告するような内容が多く見られました。

 

ティファニーはインスタグラムユーザーからも支持されている

投稿内容のランキングから『ティファニー』といえば「女性へのプレゼント」「結婚」などに関連したシーンを確認できましたが、一方で「自分自身に送る『自分へのご褒美』」に購入しているなど幅広いシーンを確認できました。
また、クリスマスイヴは比較的若い層が家族や恋人と過ごした際の投稿をしている一方、クリスマス当日は大人の世代が恋人とすごした内容などがみられ、世代の幅も広いことがわかりました。
改めて、ティファニーが幅広い世代やシーンで支持されているブランドであることが確認できたと思います。

 

インスタグラムは、ツイッターよりも個人の趣味嗜好が見えやすいメディアです。投稿された画像やコメントなどの情報を可視化することで、ライトユーザー、コアユーザー双方の傾向を把握し、新規顧客獲得やロイヤルティ向上に向けたマーケティング戦略に活かすことができます。また、ユーザーごとにマーケティングがどのように伝わっているか確認することが可能で、ペルソナ分析のような成果をお出しすることもできます。

D4DRでは、ツイッターとインスタグラムの双方から広告戦略、マーケティング戦略につながる分析が可能です。

◆お問い合せ◆
ご興味のある方は、コチラの問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

関連サービス

ソーシャルメディア分析 SNS分析

Instagram_analysis

The following two tabs change content below.
D4DR_www_admin
D4DRの広報PR担当です。webやソーシャルメディアを通じて、ITビジネス、デジタルマーケティング、各種データ分析、CRM、ソーシャルメディア分析などの消費者インサイト発見に関する情報を発信しています。

タグ検索Tags


D4DRのソーシャルメディア公式アカウント

関連記事Related Posts