企業調査

概要

企業ヒアリング調査とは、新規参入時や拡大期の同業他社の把握(競合調査)や新規取引開始時・既存取引拡大/見直し時の信用情報入手を目的として、対象企業への直接ヒアリングを中心とした定性的な調査です。

詳細

企業ヒアリング調査とは、新規参入時や拡大期の同業他社の把握(競合調査)や新規取引開始時・既存取引拡大/見直し時の信用情報入手を目的として、対象企業の状況を把握するための調査です。
弊社では、対象企業への直接ヒアリング、その周辺情報(取引銀行、取引企業、業務関連企業などへのヒアリングやもう既にある市場データなどのセカンダリーデータ)など、調査担当者が必ず調査先に足を運び、現地を目で見て耳で聞いて情報を入手し、多面的に企業を分析します。
特にヒアリング調査は第三者として行いますので、同業他社では聞き出せないようなこと(コスト構造や戦略、人事的な注力度合いなど)までヒアリングすることが可能です。

このようなお悩み解決に向いています

新規参入を行うべきかどうか判断に迷っている

すでに参入している企業の状況を把握するため、以下のような項目をヒアリングなどにより調査します。なお新規参入の場合は、企業調査の他にマーケット調査も必要となります。

  • 参入するセグメントの売上高と損益構造
  • 参入するセグメントの主なチャネルやターゲット
  • 参入するセグメントの顧客別の売上高構成
  • 参入するセグメントに投入している経営資源(資金・社員数など)
  • 参入経緯(どの時点でどのような施策を実施したか、投入資源はどのくらいだったかなど)
  • 新規参入しようする市場そのものに対する現状判断と将来展望
  • 新規参入しようする市場において自社(調査対象企業)の立ち位置と将来展望

自社の売上に脅威になってきた企業があるが、今後の戦略を知りたい

競合企業の戦略を把握するためには、以下のような項目をヒアリングなどにより調査します。

  • 競合分野の売上高/損益構造と全社に占める割合
  • 競合分野のマーケティング戦略
  • 競合分野の主な顧客と売上高構成
  • 競合分野に投入している経営資源(資金・社員数など)
  • 競合している市場そのものに対する現状判断と将来展望
  • 競合している市場において自社(調査対象企業)の立ち位置と将来展望
  • 調査対象先企業から見たクライアント企業に対する評価や考え方、対策

新しい取引先があるが、信用情報機関からの情報では不安

信用情報機関からのデータでは不安の場合は、信用情報機関が公開していないような情報の入手に努めます。
例えば、

  • 調査対象先の既存販売先の調査対象企業に対する評価
  • 同様に既存納入先の評価
  • 取引を停止または休止している既存取引先の評価
  • 取引はしていない地元金融機関や企業の評価

など、一般的な信用情報に加え上記のような項目を分析し、企業像を明らかにします。

タグTags

このサービスに関するタグ: 

関連サービスRelated Service