バックキャスティングアプローチによる【未来創発ワークショップ】について

弊社のナレッジ「未来コンセプトペディア」を活用し、お客様のニーズに合わせて異なるカードを組み合わせし、バックキャスティング型の未来創発ワークショップを提供しています。

  • 新規事業のアイディア・サービスを創出したい
  • 未来シナリオにつながるアイディア・サービスを固めたい
  • 新商品開発のアイディアを創出したい
  • 新サービス開発のアイディアを創出したい
  • 未来社会のビジョンを、担当者間で共通言語化したい
  • 会社に与えるポジティブ・ネガティブなインパクトを把握したい
  • 他社・他業種と協業を行うための方向性をまとめたい

・・・・など

お悩みやご要望に応じてカスタマイズを行い、アジャイルにアウトプットを出せる点が特徴となっています。まずはお悩みをご相談ください!

「未来コンセプトペディア」とは

未来の変化仮説を4つのカテゴリに体系的に分類した、2030年・2040年をスコープにした未来のコンセプト集です。現在約150のコンセプトが集積されており、日々アップデートを行っています。
2021年7月現在、まだまだ更新途中ですが、一部を公開しています。下記サイトURLよりご確認ください。

※2021年10月下旬、すべてのコンセプトを公開する予定です。

  1. 技術変化
  2. 事象・起こること
  3. 社会・産業で起こること
  4. ライフスタイル・価値観

https://www.d4dr.jp/fcpedia/

ワークショップの形式

未来コンセプトペディアの変化仮説要素をカード化し、貴社独自の要素(貴社アセット、戦略方向性、事業計画、貴社ビジネス環境)もカードに落とし込み、掛け合わせてアイディアや方向性を導出します。

ワークショップの内容によっては、その他以下のカードを組み合わせ、作業します。

a.技術変化(未来コンセプトペディア)

デバイス、バイオ、データ、AI、通信、エネルギー、仮想化等のICTを筆頭にしたテクノロジーの革新や高度化による変化

カードの一例

b.事象・起こること

これから顕在化する社会課題等の不可避な変化や、国家や地球単位を超えた人類の科学技術では防げない必然的事象

カードの一例

c.社会・産業で起こること

社会の課題・ニーズに応じた、新たな市場・ビジネス・サービスの創造や高度化、制度の改革等、人間の社会活動から生み出される変化

カードの一例

d.ライフスタイル・価値観

あらゆる変化の影響を受け、個人の選択の自由が加速。様々な価値観・ライフスタイルが共存する多様性に富んだ世界

カードの一例

e.社会課題(ドメスティック、グローバル)

社会課題を「ドメスティック(国内課題)」と「グローバル」に分類し、その社会課題を解決するアプローチから、アイディア導出等につなげます。

ドメスティック ※カードの一例
グローバル ※カードの一例

f.生活者欲求・意識

「マズローの欲求」をフレームワークに6段階の生活者欲求と時代に合わせて1段階の欲求を追加し、生活者の潜在化・顕在化ニーズを思考し、アイディアを導出等につなげます。

生理的欲求 ※カードの一例
メンタルバランス欲求 ※カードの一例
承認欲求 ※カードの一例
自己超越欲求 ※カードの一例
安全欲求 ※カードの一例
社会的欲求 ※カードの一例
自己実現欲求 ※カードの一例

g.ターゲット

toB、toCの生活者、事業者に分け、想定されるターゲット軸から、アイディア導出等につなげます。

生活者 ※カードの一例
事業者 ※カードの一例

h.事業者課題(経営課題)

事業者の課題(経営課題)から思考し、toB向けのアイディア創出や、アライアンス・パートナーを組む際の戦略方向性を導出します

事業 ※カードの一例
社内環境 ※カードの一例
リソース活用 ※カードの一例
社会的対応 ※カードの一例

i.生活者シーン

生活者の1日のシーンを7つのモードに分解し、カスタマージャーニー的アプローチから、アイディアを導出等につなげます。

ウォームアップモード ※カードの一例
ハイテンションモード ※カードの一例
フォーカスモード ※カードの一例
チルアウトモード ※カードの一例
ハンティングモード ※カードの一例
ひまつぶしモード ※カードの一例
アンテナモード ※カードの一例

概算費用

バックキャスティング 未来創発 ワークショップ 

¥1,500,000~

※正式な価格は別途お見積り、税抜価格
ワークショップ1回開催の80万円~のプランもございます。

  • ワークショップ(全2回)
    • 新規事業アイディアジェネレーション
    • 新規事業コンセプト検討
    • 未来戦略方向性セッション
    • 未来シナリオ検討

など。ご要望に応じたワークショップを開催

  • ワークショップとりまとめ資料の納品
    • ワークショップで出てきた視点の整理
    • 重要な視点や、今後の検討方向性の整理

など。ワークショップ内容によって納品物は変更有


https://www.d4dr.jp/service/co-program/

まずはお気軽にご相談ください

  • D4DRの事例や成果から、コンサルティング・リサーチに関するご質問まで、どんなことでもお気軽にご相談ください。