FPRCのサービス

D4DRがこれまで携わったプロジェクトで蓄えた知見をもとに、2030年から2040年に向けた約200の未来コンセプトを整理しました。それらをベースに、ワークショップや多方面の有識者とのブレストなどの方法論を通じて、貴社の取り巻く未来について一緒に考えます。また、新規事業のアイデア創出や、そのアイデアの実現までをプロジェクトとしてプロデュースしていきます。

 

FPRCの検討フレーム

市場は技術・サービス・ライフスタイル・価値観・社会環境、それぞれが単独に変化するのではなく、それぞれが影響を与えあって形成されます。FPRCでは各領域を俯瞰し、未来の市場について考察します。

 

戦略策定・事業化までの流れ

FPRCでは下記の3つのStepで検討・仮説構築を行います。

1. FPRC未来仮説

➞FPRCの知見、多様な有識者、依頼者とのディスカッション

2. 領域・テーマ別の仮説形成・さらなる掘り下げ

➞企業・行政等の個別課題を分析、インパクトファクターの洗い出しおよび評価

3. プロトタイピング・POC・実証実験

➞事業計画・研究、開発テーマ策定・サービス開発

実績

・2020未来創造研究会の総合コーディネーター(NTTコミュニケーションズ)
・2025年に向けた鉄道事業の中長期戦略におけるICT活用戦略策定
・2030年の都市のあり方のICT分科会
・2030年の通信事業を取り巻く環境と事業インパクト検討プロジェクト