「第2回 VRビジネスフォーラム」開催

2016年はVR元年と言われています。米オキュラス VRのようなベンチャーの出現~米フェイスブックによる買収や、ソニーのプレイステーション VR発表など、大企業がビジネスとして競争を始める市場になりました。世界のVR/AR市場は2025年に1100億ドル(約12兆円)に成長するとの試算もあり、今後ますますの発展が期待されている分野です。

D4DRでは、VRをビジネスに活かして頂くため、事業企画段階から創発型のコンサルティングを行っています。ビジネスモデル開発、戦略立案、展開プラン策定といったアイデアから実行可能性を検討する分野で、お客様のご相談にのる機会が今後ますます増えていくと考えています。

本日はD4DRが協力している、『VRビジネスフォーラム』第2回の開催についてお知らせいたします。8月24日に開催した第1回は、定員をはるかに超える皆様より参加のご希望をいただき、改めてVRへの期待・関心の高さを感じました。第2回も熱気のあるイベントとなりそうです。

 

vr_forum_resized

 

 

最新VRリポート、中国の最新VRビジネス動向と中国と日本におけるVRの新ビジネス&サービスのヒント!

 

最近、国内でもVR関連の展示会、学会が多く開催されるなど動きが活発になり、VRへの注目が高まっています。

本イベントは、体験スペースでVRに触れて頂くところから始まり、4部にわたるVR最新動向のセミナー、最後に講演者との懇親会(希望者のみ)をご用意しています。

第1部のReport & Techコーナーは、過去最大の出展社数を集めVR関連のソフトやハードが多数出展された東京ゲームショウ2016の“VRコーナー”のトピックや、同時期に開催された日本VR学会のトピックを併せてご紹介します。

第2部の特別講演は、エンタメ系VRで先進的な取り組みを行っている中国企業FAMIKU社よりCEO楊氏をお招きし、中国の最新VRビジネス動向についてお話し頂きます。

第3部は、エクシング、DMM.comからプロデューサーお二方をお招きし、ゲーム以外のVRコンテンツやコンテンツプラットフォームの可能性を、事例や裏話を交えて探ります。

プログラムの最後である第4部は、パネルディスカッション。4年後に迫った2020年東京オリンピックまでのVR関連ビジネスやサービスの可能性を議論し、新ビジネスやサービスのビジネスチャンスを模索します。(終了後、懇親会を予定しています。)

イベントのご案内

  • 開催日 2016年9月29日(木)  19:00-21:00 開場18:00
    ※18:00-19:00 VRコンテンツ体験会(参加自由)
  • 会場 中目黒アトラスタワー内イベントルーム (東京都目黒区上目黒1−26−1)
  • 内容

第1部 Report & Techコーナー 「東京ゲームショウ2016 &日本バーチャルリアリティ学会大会(20周年記念) 最新VRリポートと噂のMR機器ソフト開発リポート」
第2部 特別講演 中国VRビジネス最新動向 「中国のVRビジネスの現状とFAMIKU社の取り組み」
第3部 講演 VR先進企業事例紹介 Playstaition VR カウントダウン! 「ゲーム以外のVRエンタメコンテンツの可能性と企画の重要性」、DMM.comのVR動画プラットフォーム戦略
第4部 パネルディスカッション 「中国と日本におけるVRの新ビジネス&サービスのヒント! 」

  • 対象 VR関連ビジネスに関心のある企業の方々

・経営者、経営企画・経営戦略のご担当者様
・新規事業開発のご担当者様
・マーケティング等各部門のご担当者様

  • 主催 株式会社VRデザイン研究所 株式会社WinWinWonder12
  • 協力 D4DR株式会社
  • 参加費用 10,000円(税込)のところD4DRサイトからのお申込みで6,000円(税込)
    ※限定10名様(申込多数の場合は抽選となります) ※懇親会の受付は終了しました
  • 詳細 vracademy.jp/events/2/index.html

お申込みフォーム






個人情報の取り扱いについての同意書

上記内容でよろしければチェックを入れてください。

 同意する