アイランド株式会社と共催で、SNSマーケティングについて語る「インスタビアナイト」を開催しました

モノ消費からコト消費への変動が起きている現在。

IoT化により消費者の利用実態データが取れるシーンも増えてきましたが、食品や生活消費財のIoT化はまだ難しさがあります。
Instagramは写真を使ったメディアであることから、消費者の活用シーンや動機などが判別できる投稿が多いことから、消費者へのアプローチに有効活用できます。

今回、アイランド株式会社(※)とD4DR共催によるイベント開催し、ビールと軽食をいただきながら、食における消費者と企業の新たな関係性を探求しました。
※アイランド株式会社:「おとりよせネット」「レシピブログ」「朝時間.jp」「クッキングラム」などのポータルサイトを運営。毎日の暮らしを楽しく豊かに過ごすために「ありそうでなかった、あったら嬉しい」サービスを提供しています。
www.ai-land.co.jp/

D4DRは、実際のInstagram分析を通じて見えたマーケの事例、分析事例のご紹介、キャンペーンの効果測定等を発表しました。
アイランドとの協業による、マーケティングの悩みを解決するために、新しいサービス紹介をしました。

プレゼン後はアイランドの粟飯原氏、大広の森下氏、D4DR藤元の3名でディスカッションを行いました。
Instagram時代の企業のマーケティングに求められること、メディアがどう変わっていくか、消費者の生活シーンに溶け込むために求められることなど、様々な議論が交わされました。

次回、レポートをお届けします。

タグ検索Tags


D4DRのソーシャルメディア公式アカウント

関連記事Related Posts