ソーシャルメディア分析サービス

ソーシャルメディア分析サービス

概要

D4DRのソーシャルメディア分析・レポーティングサービスは、日々大量に投稿されるツイッターやブログの投稿(クチコミ)を取得・解析します。※商品やブランド、キャンペーン施策、広告への反響等の、情報のクチコミ伝播動向を可視化するレポートサービスです。
様々な瞬間の、自発的な感情や印象、拡散などのデータを活用することで、リアルで実践的な分析成果を得ることを目標にしたサービスです。
※従来から活用されてきた、生活者へのアンケート形式によるリサーチデータとの併用も有効です

D4DRの強み

豊富な実績と、ニーズに沿った柔軟な調査・分析

2005年から、広告主様、広告掲載媒体様からの出稿反響調査、大手から中小までの企業様からの定常的なモニタリング調査を実施させていただき、100件を超える実績があります。コスト重視の簡易調査から、フルカスタマイズの調査までえ、ニーズに合せたご対応が可能です。
またソーシャルメディア上の書き込みは、アナリストが目視で判定することで、論調・話題内容を、目的に合わせて的確に分類できる点も、ツールや、他の分析サービスでは難しい。

詳細

スマートフォンの普及と、ソーシャルメディア利用者数増加 企業が得られる情報とは?

スマートフォンの利便性と、ソーシャルメディアの相性

、Facebookといったソーシャルメディアが浸透した背景には、スマートフォンの普及が挙げられます。外出時に感じた疑問や、認知したニュースに対する感想を不特定多数に向けて発信するといった、これまでなかった行動がはじまり、またランチ画像や旅の風景を投稿したり、レジャー施設や駅へのチェックインを通じて、自分の居場所をリアルタイムに知らせることで、家族や友人に、自らの体験を手軽に共有することが出来るようになりました。こうした用途には、その場で投稿・閲覧ができる、スマートフォンというデバイスが不可欠であった、と言えます。
スマートフォン普及率が、およそ50%まで高まり、2013年5月発表の、インターネットユーザーを対象に行ったICT総研の調査では、スマートフォン所有者の35%がTwitterを、47%がFacebookを利用していることが明らかになりました。

消費者のソーシャルメディア利用シーンからみた、活用メリット

このような背景から、商品認知時、接触時、購入、あるいは体験直後、リピート購入時など折に触れ、生活者はいま、情報の拡散や、直感的な感想の書き込みを行っています。これらの書き込みを収集・分析すれば、ある瞬間における商品・サービスの認知度とイメージ両方を迅速に把握でき、推奨しています。

こんな場合に、おすすめ

商品やブランド、サービスの認知度やイメージを、手軽に知りたい

特定の商品やブランドについて、消費者がどのように感じているか、特定期間を対象に調査・分析を行います。また、長期で分析を行えば、商品に対する論調の変化も、わかります。

実績:国内大手家電メーカー様(海外調査含む)、国内大手通信キャリア様、国内大手飲料メーカー様  etc

キャンペーン施策の話題性、キャンペーンの効果を知りたい

実施した企画やキャンペーンについて、消費者がどのように受け止めたか、特定期間を対象に調査・分析を行います。キャンペーンが商材の販促であれば、商品に対する論調の変化が、成果としてわかります。

実績:国内大手乳製品メーカー様、国内大手外食チェーン様 etc

出稿した広告への反響を知りたい

新聞、テレビ、雑誌、インターネット等で掲載した広告について、消費者がどのように感じたか、特定期間を対象に調査・分析を行います。広告に対する反響の大きさ、話題の内容から、今後の広告展開に役立てる示唆も、ご提供しています。

実績:国内大手新聞社様、国内大手放送局様 etc

アウトプットサンプル

※施策や調査の目的により、ご相談の上、追加及びカットいただけます。

サンプル 2-1-1
サンプル 2-1-2
サンプル 2-1-3
サンプル 2-1-4

フローイメージ

2-2-1

費用

10万円~(データ収集のみ)

まずは、お気軽にお問合せ下さい。

タグTags


関連サービスRelated Service