ツイッター分析 | サービス内容 | D4DR inc. ディーフォーディーアール株式会社

Home > サービス内容 > ツイッター分析

リサーチメニュー

ツイッター(Twitter)分析サービス

D4DRのTwitter分析・レポーティングサービスは、日々大量に投稿されるツイッターのつぶやき情報(クチコミ)を取得・解析し、商品やブランド、キャンペーン施策等の情報のクチコミ伝播動向を可視化するレポートサービスです。

豊富な実績

2005年に開始したブログ分析サービスをはじめとするソーシャルメディア分析の知見を活かし、2010年4月にサービスを開始。以降、ソーシャルメディアを始めとするコミュニケーションプランニングやプロモーション効果検証など、多くのシーンで価値あるレポートをご提供しています。

精度の高いデータの収集

D4DRが独自に開発したデータ収集システムに加え、パートナー企業数社からシステム提供を受け、主要なデータソースを網羅した精度の高いツイッターデータを分析に用いることができます。

スピードとクオリティを兼ね備えたレポーティング

システム処理とアナリスト分析をかけ合せたD4DRオリジナルメソッドを活用し、単純なTweet数の把握だけではなく、ツイート内容や評判、話題伝播の要因など、スピーディーかつハイクオリティなレポーティングサービスをご提供します。

コンサルティングノウハウを活かした示唆の導出

ソーシャルメディアコンサルティングの豊富な経験とナレッジを有するスペシャリストが、分析結果をもとに、マーケティング施策の費用対効果(ROI)最大化へ向けた示唆を導き出します。

アウトプットサンプル

独自開発のメソッドを活用することで、単純なクチコミ出現数の把握だけではなく、クチコミの内容や評判、伝播の要因まで可視化!


ツイート時系列分析


ツイートブログ比較分析


ツイート評判ポジネガ分析


ツイート話題内容分析

D4DR inc.は、Webマーケティングの戦略コンサルティングで培ったクチコミ分析のノウハウを応用し、企業のマーケティング活動へ消費者の参加を促すソーシャルメディアコミュニケーション実行を支援します。

プロジェクトフロー

ヒアリング

最適な分析プランのご提案に向けて、お客様の分析検討の背景、目的、マーケティング戦略、課題認識、スケジュール、ご予算等を共有致します。

分析設計・
ご提案

ヒアリングの内容、プレ調査(弊社にて実施)を踏まえて、最適な分析プランを設計・ご提案致します。

データ取得

分析のテーマに応じて検索キーワードを設計・共有し、D4DR独自開発エンジンにてTwitterデータを取得致します。

解析

Twitterの話題を量/質/時系列/ユーザーの4視点で解析し、Tweetの実態を可視化します。

*精度向上のため、アナリスト目視による評価も行います。

課題整理・
方向性導出

解析結果をもとにTweet傾向からみたコミュニケーション課題の洗い出し・整理を行い、経験豊富なコンサルタントが課題解決の方向性を導き出します。

ご報告

報告会にて評価結果をご報告。

(次期アクションに向けたディスカッションも対応可能です)

期間と費用

データ取得代行サービス (10万円~)
消費者とのコミュニケーションを発展させる上で欠かせない基本情報となる、ツイッターのつぶやき情報の取得を代行します。

出力項目
ツイート原文
投稿日時
アカウント名
プロフィール
フォロワー数(オプション)
納品形式
excel形式データファイル納品
納期
3営業日~

分析レポートサービス (20万円~)
ベーシックプラン(対象サイト:自社+他1社、被験者数:5名×1セグメント)

基本分析項目
ツイート時系列分析
ツイート話題内容分析(サンプリングデータ使用)
ツイート評判ポジネガ分析(サンプリングデータ使用)
代表エントリー抽出
考察
納品形式
ppt形式データファイル納品
納期
5営業日~
オプション分析項目
(各10万円~)
ツイートブログ比較分析
ツイート競合ブランド比較分析
ツイートインフルエンサー分析

関連サービス

  • ツイッター実行支援サービス
    ツイッターの導入に向けた調査分析・活用指針の策定~アカウントのトライアル運用を支援するサービス
  • ブログ分析サービス
    ブログから得られる消費者発信の情報と、企業発信の情報・企業の定量データを重ね合わせ、独自の視点で分析することで、真のブランドの姿を可視化するレポートサービス

関連事例

自主レポート

  • 薄型テレビに関するTwitter分析
    薄型テレビ市場で販売台数をのばしている東芝「REGZA」。消費者からの注目度とクチコミを喚起するポイントを、Twitter 上の「つぶやき」を量と内容の観点から検証しました。
// 2014/7/2 added START // 2014/7/2 added END